ブルベにオススメな黒髪に合う透明感のあるアイメイクの方法

haruharu
メイク

黒髪とブルーベースはとても相性が良い組み合わせということを、耳にしたことがある方は多いと思います。その理由はブルーベースの場合、イエローベースとは違いブラックカラーを得意とするパーソナルカラーだからです。黒髪にすることによるメリットはいくつかありますが、その中でも特に透明感が出るということですよね。

しかし透明感とは程遠く重たい印象に見えてしまう。ケバく見えてしまう。という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

それはアイメイクが黒髪とマッチしていないことが原因だと思います。いつも通りのアイメイクではなく黒髪に合ったアイメイクをしていないと、せっかくの透明感も損なわれてしまいます。

そこで今回は、黒髪ブルーベースの方にオススメな透明感の出るアイメイク方法についてご紹介します。

【用意するもの】

  • アイブロウペンシル

    ☆グレー系もしくはグレーがかったブラウンのカラーを選ぶようにしましょう。髪色よりも1トーン程度明るいものを選ぶことで重たい印象になることがありません。

  • アイブロウパウダー

    ☆2色以上で構成されているものがオススメです。アイブロウペンシルの色味に合わせたものをご用意ください。

  • ピンク系・ボルドー系・パープル系アイシャドウ

    ☆ブルーベースの方が得意とするカラーは、黄みのないカラーです。無難なブラウンカラーを選ぶ方が多いですが、ブラウンカラーは黄みがかったものが多く、ブルーベースの方が使いやすいカラーを見つけるのは大変です。

    赤み系のカラーを選ぶことでブルーベースとも相性が良く、さらに透明感を演出するだけではなく垢抜け感やこなれ感も演出することが出来るのでオススメです。

    アイシャドウのカラーに悩んだ場合は、まずは赤み系のカラーを試してみてください。

  • マスカラ

    ☆ナチュラルに仕上げつつ目元を強調してくれるブラックカラーのロングタイプをご用意ください。ボリュームタイプの場合、目元を強調しすぎてしまい、派手な印象に仕上がってしまいます。

    しかし、睫毛の毛量が少なく自信がない方はボリュームタイプを使用しても問題ありません。

  • リキッドアイライナー

    ☆細めのラインが引けるリキッドタイプがオススメです。今回はブラックカラーを使用しますが、優しい印象をプラスしたい方はブラウンカラーもオススメです。

  • ビューラー
  • スクリューブラシ

【アイメイクの手順】

  1. アイブロウペンシルで眉尻を描きます。

    ☆ナチュラルな眉に仕上げるために、眉尻は太めに描きます。眉尻が細くスマートな眉に仕上げてしまうと、ナチュラルな感じがなくなってしまい、派手な印象の顔になってしまいます。

  2. アイブロウパウダーの2色のカラーを混ぜ、眉頭の1cm程度手前から塗布します。

    ☆アイブロウペンシルの色味よりやや明るめのカラーになるように混ぜるのがポイントです。眉頭側が一番薄く、眉尻に向かって濃くなるようにグラデーションを意識しながら塗布しましょう。

  3. スクリューブラシで先ほど塗布したアイブロウパウダーを眉頭へ移動させるようなイメージで、眉間に向かってブラシを動かします。

    ☆グレー系のカラーはグラデーションが難しく、眉頭に塗布してしまうとはっきりとしすぎてしまい不自然な眉になってしまう恐れがあるので、眉頭にはアイブロウパウダーを塗布せず、スクリューブラシでカラーを持ってくることで自然なグラデーションに仕上がりやすくなります。

  4. アイシャドウパレットの左上のカラーを、アイホール全体に塗布します。

    ☆アイホールとは眉下にあるくぼみまでのことを指します。分からない方は指の腹で確認しながら少しずつ塗布すると、塗りすぎてしまったり、塗り足りなかったりという失敗がありません。

  5. アイシャドウパレットの左下のカラーを、二重幅から少しはみ出す程度まで塗布します。

    ☆濃くならないように薄めに塗布することを意識しましょう。黒髪に対してアイシャドウを濃く塗りすぎてしまうと、派手になりすぎてしまったり、重たい印象を与えてしまう原因になります。

    ☆境目がグラデーションになるよう、塗り終えた後に何もついていないアイシャドウブラシでぼかすのがオススメです。

  6. アイシャドウパレットの右下のカラーを、アイラインのように目のキワに細めに塗布します。

    ☆横長の目元に仕上げたい方は目のキワには塗布をせず、目尻側に少し広めに塗布するのがオススメです。

    ☆こちらも手順⑤と同様に濃くなりすぎないよう意識しましょう。濃くなりすぎてしまった場合は、先ほど塗布したアイシャドウパレットの左上のカラーを上から薄っすらと重ねるか、何もついていないアイシャドウブラシでぼかして色味を落ち着かせましょう。

  7. アイシャドウパレットの左上のカラーを、涙袋に塗布します。

  8. リキッドアイライナーで目尻にのみ細くラインを引きます。

    ☆太くアイラインを引かないように気を付けましょう。太く引いてしまうと、どうしてもケバい印象になってしまい、抜け感などもなくなってしまいます。

    ☆全体にアイラインを引きたい場合は、睫毛のキワを埋める程度に抑えましょう。

  9. ビューラーで睫毛を上げます。

    ☆根元→中間→毛先の順に挟むと、横から見た時も自然な睫毛に仕上がります。

    ☆なかなか睫毛が上がらない方は、ホットビューラーを使うのがオススメです。

    ☆上下の睫毛が絡まりやすい方は、この時に下睫毛もビューラーでカールさせてください。

  10. 上下の睫毛にマスカラを塗布して完成です。

    ☆アイシャドウなどを薄めに仕上げているので、物足りなさを感じる方もいらっしゃると思いますが、一度塗り程度で抑えておきましょう。他を薄く仕上げているにもかかわらず、睫毛だけを濃くしてしまうとアンバランスなメイクに仕上がってしまいます。

【最後に】

今回は、黒髪ブルーベースの方にオススメな透明感の出るアイメイクの方法でした。

明るい髪色の時と同じメイク方法では、黒髪ならではの透明感を発揮させることが難しいです。黒髪には黒髪に合ったアイメイクをすることで、本来の透明感を引き立たせることが出来るので、重たく感じている方や、ケバく見えてしまう方は、今回の記事を参考に一度アイメイク方法を変えてみてください。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント