簡単に出来るぷっくりナチュラルな涙袋の作り方・書き方・メイク

haruharu
美容

可愛らしい人は皆、涙袋がぷっくりしているとは思いませんか?

涙袋がぷっくりしていると可愛らしく見えるだけではなく、デカ目効果にも繋がります。

しかしやり過ぎてしまうと、クマのように見えてしまったり、逆に目が小さく見えてしまう事があります。

そこで今回は、簡単に出来るナチュラルな涙袋の作り方を紹介します。

用意する物

  • シャンパンゴールド系のアイシャドウ(三色アイシャドウの中央のカラー)

    涙袋にホワイトのアイシャドウを使う人が多いと思いますが、ホワイトだとかえって不自然に見えてしまいがちです。

    シャンパンゴールドのような、肌馴染みの良いカラーを使う事により、ナチュラルな涙袋を作る事が出来ます。

    繊細なパールやラメが入っている物を選ぶと、さらにぷっくり見せる事が出来ます。

  • ハイライト

    普段お使いになっているハイライトで問題ありません。

    陰影をつけて涙袋のぷっくり感を主張する為に使用します。

  • アイブロウペンシル

    先が細く硬めの芯の物がオススメです。カラーは、肌色より少しくらい程度の色味の物を使用すると、はっきり線が描いてあるように見えず、ナチュラルに仕上がります。

    影を作る時にアイブロウパウダーや、アイシャドウを使用する人が多いと思いますが、パウダー系だと粒子が細かい為、にじんでしまう可能性があるので、極力ペンシルタイプの物を使用するといいでしょう。

  • 薄めの平筆(メイクブラシ)

    持っていない場合は、アイブロウパウダー等に付属されているブラシで代用出来ます。この場合は、パウダー等が付いていないよう、綺麗に洗浄してから使用して下さい。

涙袋メイクの手順

  1. 涙袋の影を描く場所を決める為、微笑むもしくは、顔をしかめます。

    この時に出来るくぼみが、涙袋の正しい位置です。

    どこに影を描いていいのか分からない人は、この方法で確認すると左右バラバラになってしまう事を防ぐ事が出来ます。

  2. アイブロウペンシルで目頭から目尻に向かって、先程確認した位置に力をあまり入れず影を描きます。

    この時、目頭から目尻まで全て描いてしまうと不自然なので、目頭から2/3辺りまでで描き終わりましょう。

  3. メイクブラシで描いた影をぼかします。

    ぼかさないままにしてしまうと、ただ線が描いてあるだけになってしまい不自然です。必ずぼかすようにしましょう。

    この時、爪等の硬い物でやってしまうと、肌を傷めてしまったり、怪我の原因になるので、もしブラシをお持ちでない場合は綿棒で行うようにしましょう。

  4. アイシャドウを目のキワのみ、もしくは涙袋の半分くらいの太さで、目頭から目尻までうっすらと発色する程度塗布します。

    描いた影の所までしっかり塗布してしまう人が多いと思いますが、太くし過ぎてしまうと、涙袋の主張が強くなり過ぎ、目のバランスが悪くなってしまいます。

    目も小さく見えてしまう原因になってしまうので、広範囲に塗り過ぎないよう注意して下さい。

    全体を見た時に、もう少しぷっくり感が欲しい人は、黒目の下だけに少しだけアイシャドウを追加して塗布して下さい。

  5. ハイライトを、目頭側の頬に三角形のように塗布したら完成です。

    描いた影に被らないように塗布して下さい。

    ここにハイライトを塗布する事により、陰影がはっきりし、ぷっくりした涙袋に見せる事が出来ます。

最後に

簡単に出来るぷっくりとした涙袋の作り方でしたがいかがでしたか?

もともと全然涙袋がない人でも、この方法で描くと自然な涙袋を作る事が出来ます。

ぷっくり見せようと濃くすればするほど、不自然になってしまうので、最初はなるべく薄めに描いて、足りなかったらその都度足すようにすると、失敗もなくナチュラルに仕上げる事が出来ます。

今まで涙袋メイクが上手くいかなかった人は、ぜひ一度この方法を試してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
涙袋の作り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント