ピンクブラウンで大人可愛い目元をゲット!アイメイクのやり方

mikamika
メイク

今回は大人可愛く仕上がるピンクブラウンのアイメイクのやり方についご紹介致します。

やわらかく女性らしい印象のピンクですが、一歩間違うと可愛くなりすぎてしまったり、腫れぼったい印象を与えてしまいますが、ブラウンを加える事で自然に馴染み、大人可愛いメイクを作る事が出来ます。

塗り方のコツも詳しくお伝え致しますので、是非参考にしてみてください。

【用意するもの】

アイメイク

  • ピンクのアイシャドウ

    パウダータイプ、クリームタイプのどちらでも大丈夫ですが、塗れたような質感を求める方はクリームタイプがおすすめです。

  • ブラウンのアイシャドウパレット

    ピンクカラーと馴染む暖色系のブラウンを使用します。ブラウンを加える事で腫れぼったさや、甘すぎる印象を抑え大人の方も取り入れやすくなります。

    3色以上入っているアイテムを選ぶとグラデーションが作りやすいのでおすすめです。

  • ペンシルアイライナー

    睫毛の隙間を埋める際に使用します。ブラウンカラーを選ぶ事でより柔らかい印象を与え、アイメイクとのバランスが非常取りやすくなります。

  • マスカラ

    ナチュラルな印象を与えるロングタイプのマスカラを使用します。アイライナー同様、ブラウンカラーがおすすめです。

  • ビューラー
  • マスカラコーム

アイブロウ

  • アイブロウパウダー

    全体的の色味の調整やグラデーションを作る時に使用します。パウダーを重ねることによってより自然な仕上がりになり、優しい印象が作れます。

    暖色系のアイブロウパウダーを選ぶとアイメイクとの相性が抜群です。

  • アイブロウペンシル

    毛量の少ない部分に描き足す際に使用します。

  • アイブロウマスカラ

    自眉と色味を馴染ませる為に使用します。ご自身の髪色に近いカラーを選ぶとより自然な仕上がりになります。

  • スクリューブラシ

【アイメイクの手順】

アイシャドウを塗る

  1. ピンクのアイシャドウを指の腹に取り、アイホールと下瞼に塗布します。

    *量を多く付けてしまうと可愛くなりすぎてしまったり、腫れぼったい目元になってしまうので注意しましょう。

  2. ブラウンのアイシャドウパレットのダークカラーを付属の細いチップに取り、目のキワに塗布します。

    *チップの面を使い、横長に塗り広げていく事がポイントです。

  3. ダークカラーを付属の細いチップに取り、下瞼の1/3に塗布します。
  4. ミディアムカラーを付属の太いチップに取り、先程塗ったダークカラーの上に塗布し、境目をぼかしながらグラデーションを作ります。

    *仕上げに指の腹で軽く撫でるようにぼかすと綺麗に馴染みます。

アイラインを引く

  1. ペンシルアイライナーを使って睫毛の隙間を埋めるように描きます。

    *指で瞼をしっかりと上に引っ張り、粘膜の部分が見えている状態で、アイライナーを下から入れると描きやすいです。

  2. 目尻から2~3㎜程度はみ出すようにアイラインを引きます。

    *目尻の部分は綿棒でラインをぼかすと、より自然な印象になります。

マスカラを塗る

  1. ビューラーを使って睫毛の根元→中間→毛先の順に各2~3回ずつ挟みしっかりと上げます。

    *睫毛を根元から立ち上げる事で目元が大きく、可愛らしい印象を与えます。

    *1回で上げてしまうと、かくんとした直角の睫毛に仕上がり、不自然な印象を与えてしまいます。ビューラーで挟む位置を3箇所に分けて睫毛を上げる事によって自然なカールを作る事が出来ます。

  2. マスカラコームで睫毛をとかし、扇状に整えます。
  3. 上睫毛にマスカラを塗布します。

    *ブラシを根元にしっかりと押し当て、毛先に向かってスッと抜くように塗ります。根元に1番濃く付くことによってアイライン効果が出て、目元がよりぱっちりとした印象になります。

  4. 下睫毛にもマスカラを塗布します。

    *ブラシの先端を使い、細長い繊細な睫毛を作ります。

アイブロウを描く

  1. スクリューブラシで毛流れを整えます。
  2. アイブロウパウダーの一番濃い色を付属のブラシの細い方で眉山から眉尻にかけて角度を付けずに平行な眉を意識しながら描きます。

    *平行な眉を意識する事で大人可愛い印象を更に引き出してくれます。

  3. アイブロウパウダーの中間色を付属の太いブラシで、ふんわりと眉全体に色を塗布します。

    *眉山から眉尻。眉頭から眉山の順番で色を乗せていき、眉頭が一番薄く、眉尻が一番濃いグラデーションを意識すると自然な美しい眉毛に仕上がります。

  4. 眉全体のバランスを見て毛量が足りない所のみ、アイブロウペンシルで描き足します。

    *一本一本を描き足していくように小刻みにペンシルを動かします。

  5. アイブロウパウダーの明るい色を付属の太いブラシで、眉頭に塗布し、馴染ませます。

    *眉頭が濃いと眉全体が強い印象になってしまうので、しっかりとぼかします。

  6. スクリューブラシで全体をとかして色を馴染ませます。
  7. アイブロウマスカラを全体に塗布し、完成です。

    *毛流れに逆らうように付けると、色味がしっかりと付きますので、色味が付いたら毛流れに沿って全体の形を整えます。

【最後に】

今回は大人の方でも取り入れやすいピンクブラウンのメイク方法について紹介致しました。

ブラウンを足す事によって甘くなりすぎず、自然な大人可愛い目元を作る事ができます。

また、大人可愛い目元を演出するため、眉毛は平行にふんわりと描くと尚良いです。

今までピンクのアイカラーの使い方が分からなかった方でも、この方法なら簡単に取り入れやすいと思います。是非、実践して愛されフェイスを作ってみてください。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント