高校生(学生)のための学校にバレない眉毛・アイブロウの書き方

haruharu
美容

学校が厳しくてメイクが出来ないという学生さん、たくさんいるのではないでしょうか。

禁止されていても、女の子である以上、可愛くおしゃれに過ごしたいですよね。

そこで今回は、学校にバレない眉毛の描き方を紹介します。

用意する物

  • アイブロウペンシル
  • カラーは黒髪に合わせてグレー、もしくはグレーっぽいブラウンがオススメです。

    ライトブラウンやダークブラウンだと、茶色味が強く髪色から浮いてしまうので、眉毛だけが目立ってしまう可能性があります。

  • アイブロウパウダー
    いかにナチュラルに仕上げるかが大切なので、アイブロウパウダーは必ず用意して下さい。

    こちらもペンシルと同様、グレー、もしくはグレーっぽいブラウンがオススメです。

    付属のブラシは、片方が細いブラシ、片方が太めのブラシの物を選ぶと使いやすく、ナチュラルに仕上がります。

  • スクリューブラシ

眉毛を描く手順

  1. スクリューブラシで毛並みを整えます。
  2. アイブロウパウダーの濃いカラーを細い方のブラシにとり、眉尻を描きます。

    シャープ過ぎる眉尻だとナチュラルさが欠けてしまうので、細くなり過ぎないように心がけましょう。

    自眉毛を活かしたいので、毛の生えている所からなるべくはみ出さないように塗布しましょう。

  3. アイブロウパウダーの濃いカラーを細い方のブラシにとり、眉中央を描きます。

    自眉毛の形を活かしつつ、自然なアーチ眉のような丸みのある眉にすると、より自然な仕上がりになります。

  4. アイブロウパウダーの薄いカラーを太めの方のブラシで、眉頭を描きます。

    濃く塗り過ぎてしまうと、ナチュラルさが欠けてしまうので、ふんわり軽くのせる程度で大丈夫です。

  5. スクリューブラシで眉頭を中心に、全体を軽くぼかします。

    眉と肌の境目がはっきりしていると、眉毛を描いているのが分かってしまいますが、軽くぼかす事によって、その境目が自然に馴染んでくれるので、自眉毛かのように見せてくれます。

  6. アイブロウペンシルで毛が薄くムラになっている所や、形がガタガタな所に、毛一本一本を描くようなイメージで描き足しながら、全体の形を整えて完成です。

    力を入れず優しく描くと濃くならずナチュラルに描く事が出来ます。

最後に

学生さんのためのバレない眉毛の描き方でしたが、学生の皆さんいかがでしたか?

グレー系のカラーで、自分の眉毛を活かして描けば、学校にバレずメイクを楽しむ事が出来ます。

校則が厳しくて困っている学生の皆さん、ぜひ真似してみて下さい。

美容
Howpon[ハウポン]

コメント