やりすぎ注意!ナチュラルにデカ目に見せるアイメイクのやり方

mikamika
メイク

今回はナチュラルにデカ目に見えるアイメイクのやり方についてご紹介致します。

瞳が大きい女性は可愛らしくて憧れますよね。瞳を大きく見せたい一心でアイラインやアイシャドウを濃く入れてみたけど、実際は派手なメイクに仕上がってしまった。という経験をした方もいるのではないでしょうか。

瞳は大きく見せたい!でもナチュラルに仕上げたい!という方の為に、メイク手順を詳しくお伝えするので是非参考にしてみて下さい。

【用意するもの】

アイメイク

  • ブラウン系のアイシャドウパレット
    日本人の肌に馴染み、自然な陰影を作ってくれるブラウンカラーがおすすめです。

    3色以上入っているアイテムを選ぶとグラデーションが作りやすくなります。

  • ペンシルアイライナー
    睫毛の隙間を埋める際に使用します。

    ナチュラルなデカ目を作るには必須アイテムです。

  • リキッドアイライナー
    目尻に足して目幅を拡張する際に使用します。

    ペンシルよりもラインの主張がはっきりと出ますが、ダークブラウンのアイライナーを選ぶとナチュラルな印象に仕上がります。

  • マスカラ

    目元をナチュラルに大きく見せたい場合はロングタイプのマスカラがおすすめです。

  • ビューラー
  • マスカラコーム

アイブロウ

  • アイブロウペンシル
    毛量が少ない部分に描き足す際に使用します。

    輪郭がきちんと描けるので理想のアイブロウの形に仕上げる事が出来ます。

  • アイブロウパウダー
    全体的の色味の調整やグラデーションを作る時に使用します。

    パウダーを重ねることによってより自然な仕上がりになり、優しい印象が作れます。

    3色入りのアイテムを選ぶ事で綺麗なグラデーションを作ることが出来ます。

  • アイブロウマスカラ
    自眉と色味を馴染ませる為に使用します。ご自身の髪色に近いカラーを選ぶとより自然な仕上がりになります。
  • スクリューブラシ

【アイメイクの手順】

アイシャドウを塗る

  1. アイシャドウパレットのハイライトカラーを指でアイホール全体に塗布します。

  2. ダークカラーを付属の細いチップに取り、目のキワに塗布します。

    *チップの面を使い、横長に塗り広げていく事がポイントです。目を開けた時にうっすらと見える位まで伸ばします。

  3. ダークカラーを付属の細いチップに取り、下瞼の1/3に塗布します。

    *仕上げに綿棒などでぼかすとより自然になります。

  4. ミディアムカラーを付属の太いチップに取り、先程塗ったダークカラーとハイライトカラーの間に塗布し、境目をぼかしながらグラデーションを作ります。

    *仕上げに指の腹で軽く撫でるようにぼかすと綺麗に馴染みます。

  5. ハイライトカラーを付属の細いチップに取り、下瞼に塗布し、涙袋を強調します。

    *涙袋を強調する事で目幅を大きく見せる事が出来ます。

  6. アイブロウパウダーの1番明るいカラーを付属の細いブラシに取り、涙袋の影に塗布し、綿棒でぼかします。

    *影を作る事でより涙袋が強調されます。

アイラインを引く

  1. ペンシルアイライナーを使って睫毛の隙間を埋めるように描きます。

    *瞼を指でしっかりと上に引っ張り、粘膜の部分が見えている状態で、アイライナーを下から入れると描きやすいです。

  2. 黒目の上の位置だけ1㎜程太めに描き足します。

    *黒目の上だけ太く引く事で黒目が大きく見え、目元がぱっちりとした印象になります。

  3. リキッドアイライナーを使って目尻から3~4㎜長めに自然に垂れ下げるように描きます。

    *目尻から少し長めに描き足す事により、目の横幅が拡張されます。

  4. アイシャドウパレットのダークカラーを細いチップに取り、先程引いたアイラインをぼかすように重ねて塗布します。

    *ぼかす事により、目元は大きく見せつつ、自然な印象を与えるので大事な工程になります。

マスカラを塗る

  1. ビューラーを使って睫毛の根元をしっかりと上げます。

    *睫毛を根元から立ち上げる事で目の縦幅が拡張されます。

  2. 睫毛の中間を2~3回挟みます。
  3. 睫毛の毛先を、先ほどより優しい力で2~3回挟みます。

    *1回で上げてしまうと、かくんとした直角の睫毛に仕上がり、不自然な印象を与えてしまいます。ビューラーで挟む位置を3箇所に分けて睫毛を上げる事によって自然なカールを作る事が出来ます。

  4. ビューラーを逆さに持ち、下睫毛にもカールを付けていきます。

    *利き手とは反対の手で、頬を軽く下に引っ張ると下睫毛が挟みやすいです。瞼を挟んでしまわないように注意しましょう。

  5. マスカラコームで睫毛をとかし、扇状に整えます。
  6. 上睫毛にマスカラを塗布します。

    *ブラシを根元にしっかりと押し当て、毛先に向かってスッと抜くように動かしながら塗ります。

    根元に1番濃く付くことによってアイライン効果が出て、黒目がちな目元を作る事が出来ます。

  7. 上睫毛の中心だけ更にマスカラを塗布します。

    *中央にだけ重ね塗りする事で、より目元の縦幅が拡張されます。

  8. 下睫毛にもマスカラを塗布します。

    *ブラシの先端を使い、細長い繊細な睫毛を作ります。

アイブロウを描く

  1. スクリューブラシで毛流れを整えます。
  2. アイブロウペンシルで眉山から眉尻にかけて、角度をつけず平行を意識して描きます。

    *角度が強く、長めの眉毛だと目を小さく見せてしまうので角度は平行にし、眉尻は少し短めに描く事がポイントです。

  3. アイブロウパウダーの濃いカラーを付属の細いブラシで眉尻に重ねて塗布します。

  4. アイブロウパウダーの明るいカラーと中間色のカラーをブレンディングし、付属の広いブラシに取って眉頭から眉山に向かって塗布します。

  5. アイブロウパウダーの明るいカラーを付属の広いブラシに取って眉頭をぼかします。

  6. スクリューブラシで全体をとかして色を馴染ませます。
  7. 眉頭と目元の間のくぼみにアイブロウパウダーの明るいカラーを塗布し、ノーズシャドウを描きます。

    *ノーズシャドウを入れる事で目元のホリが深くなり、目力がアップします。

    *濃くならないように、付けた後は指でぼかします。

  8. アイブロウマスカラを全体に塗布し、完成です。

    *毛流れに逆らうように付けると、色味がしっかりと付きますので、色味が付いたら毛流れに沿って全体の形を整えます。

【最後に】

今回はナチュラルに見えるデカ目のメイクテクニックを紹介致しました。どの工程もとても簡単ですが、ラインをぼかすなどのひと手間がとても重要になります。この方法を使えば自然に目元を大きく見せる事が出来るので、是非挑戦してみてください。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント