コツを掴めば意外と簡単!?ティントリップ・口紅の塗り方・メイク

haruharu
メイク

皆さんティントリップを知っていますか?

普通のリップでは時間が経つと取れてしまい、お直しを何回かしなくてはいけないという手間がかかりますが、ティントタイプは食事をしても、飲み物を飲んでも色が残ってくれるとても優秀なアイテムです!

そんなティントリップを使った事がある方もたくさんいると思いますが、その中でもリキッドタイプの物はムラになってしまったりと取り扱いが難しく感じた方はいませんか?

そこで今回は、リキッドタイプのティントリップの塗り方とコツについて紹介します。

用意する物

  • ティントリップ
    お好みのカラーの物をご用意ください。

    色味が濃ければ濃いほどムラになりやすかったり取り扱いが難しいので、初心者の方にはナチュラルなカラーの物をオススメします。

  • 保湿用リップクリーム
    保湿アイテムはリップメイクをするにあたり、とても大切なので必ず用意して下さい。
  • コンシーラー
  • ティッシュ

ティントリップの塗り方

  1. 保湿用リップクリームを唇全体に塗布し、馴染むまで数分置き、余分なリップクリームをティッシュで取り除きます。

    この時ゴシゴシと強く擦ってしまうと唇の皮がめくれてしまったり、かえって荒れる原因になってしまうので、上から軽く押さえるようにして行ってください。

  2. コンシーラーを唇に点置きし、指もしくはメイクスポンジで伸ばして唇の色味を抑えます。

    唇の色味を均一にする事でリップを塗った時にムラになりにくく、リップの発色もそのまま発色をしてくれるのでオススメです。

  3. ブラシについているリップの量をボトルの縁などを使って調節します。

    ティントリップを塗る時のコツとして、少量ずつ塗っていく事です。

    リキッドタイプの場合、ボトルから出してそのまま唇に乗せてしまうと、ブラシに含まれている液体の量が多過ぎてしまいムラが出来てしまいます。

    必ず調節してから唇に塗るようにして下さい。

  4. 唇の輪郭をかたどるように塗布します。

    唇の輪郭からはみ出ないように気を付けましょう。

    はみ出してしまった場合は、色が定着してしまう前にすぐに綿棒で取り除くようにして下さい。

  5. 中を埋めるように塗布し、完成です。

    この時も液体の量を調節してから塗るようにして下さい。

    発色をもっと濃くしたい場合は、好みの発色になるまで薄く薄く塗り重ねます。

    ぷっくり感が欲しい方はクリアのリップグロスを重ねて塗って下さい。

最後に

ティントリップが難しいと感じていた方、いかがでしたか?

一度にたくさん塗ろうとしてしまうとムラになってしまうので、少量ずつ塗り重ねていく事を意識しながら塗布すればティントリップでもムラしらずの唇を手に入れる事が出来ます。

唇からはみ出さないようにだけ気を付けながら、ティントリップを楽しんで下さい。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント