就活メイクどうすればいい?の悩み解消!リップ・口紅の塗り方・メイク

haruharu
メイク

面接時のリップはどのような物をチョイスすればいいのかイマイチ分からない、という就活中の方はいませんか?

ヨレても直すような時間もなければ、どんな色を選べばいいのか分からない等、様々な就活メイクならではの悩みがありますよね。

そこで今回は、就活メイクでのリップの塗り方と選び方を紹介します。

用意する物

  • 保湿用リップクリーム
    リップクリームは必須アイテムです。

    皮がめくれていたりなどガサガサな唇では面接時、好印象を持ってもらう事は難しいです。

    保湿力の高いリップクリームを使用すれば、時間が経っても乾燥でガサついてくる事がないのでオススメです。

  • リップ
    濃いカラーは避けましょう。それに伴い、パール感が強い物やラメ感が強い物も避けるようにしましょう。派手な印象やセクシーな印象を持たれがちです。

    就活メイクでは、コーラルピンクやベージュ系などのナチュラルなカラーの物がオススメです。

    さらに、ティントタイプの物を選ぶとなおいいでしょう。面接時はメイク直しするような時間はないと思うので、色持ちのいいティントタイプを使用すればメイク直しの必要がなく、一日中快適に過ごせます。

  • リップブラシ
  • ティッシュ

就活リップの塗り方

  1. 保湿用リップクリームを唇全体に塗布し、浸透して馴染むまで数分置きます。

    塗ってすぐでは表面が軽く保湿されているだけなので、数分置く事により全体的に保湿され時間が経っても乾燥しにくくなります。

  2. ティッシュで表面の余分なリップクリームを軽く取り除きます。

    リップクリームがベッタリ残っている状態でリップを塗布してしまうと、使うリップによっては上手く色が乗らずムラのなってしまう場合があります。

  3. リップをリップブラシに取り、手の甲などでブラシ全体にリップを馴染ませます。

    馴染ませず唇に塗布してしまうと、ブラシの跡がついてしまったり、ムラになってしまったりするので必ず馴染ませてから塗布しましょう。

  4. 口角にブラシを入れ、山に向かって滑らせながらなるべく一筆で上唇の輪郭を描きます。

    一筆で描く事により、ラインがガタつくことなく綺麗なリップメイクが仕上がります。

    オーバーリップにならないよう、なるべく自分の唇からはみ出さないように気を付けながら行いましょう。

  5. 口角にブラシを入れ、中央に向かって滑らせながらなるべく一筆で下唇の輪郭を描きます。

    この時も先程と同様に、オーバーリップにならないよう気を付けましょう。

  6. 輪郭の中を埋めるようにリップを塗布します。
  7. 半分に折ったティッシュを唇で挟み、一度ティッシュオフします。

    この工程をする事で、一度塗りの時よりもさらに色持ちが良くなります。

  8. 再度同じ手順でリップを塗布して完成です。

    普段のメイクならここでグロスを塗る方もいると思いますが、就活メイクではテカテカの唇は良くないので、グロスを塗るのは避けましょう。

    ナチュラルに血色感をプラスする位が、就活で好印象を持ってもらえるポイントになります。

最後に

就活メイクでお困りの方、いかがでしたか?

就活で大切なのは、とにかくナチュラルに仕上げるという事なのでリップだけに関わらず、メイクは全体的にやりすぎないよう気を付けて、素顔に血色感をプラスする感覚で極力ナチュラルに仕上げるようにしましょう。

就活中の皆さん、ぜひ参考にして面接に挑んでみて下さい!

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント