一重でも腫れぼったく見えない赤アイシャドウの塗り方・メイク

haruharu
美容

赤アイシャドウ使ってみたいけど、一重は腫れぼったく見えてしまうと諦めてはいませんか?

一重の人でも部分使いをすれば赤アイシャドウを楽しむ事が出来るのです。

今回は一重の人でも腫れぼったく見えない赤アイシャドウの塗り方を紹介します。

用意する物

  • 赤アイシャドウ
  • ブラウン系アイシャドウ
  • アイシャドウブラシもしくはチップ
  • 先がとがっている綿棒

赤アイシャドウを塗る手順

  • ブラウンアイシャドウ…左パレットの右のカラー
  • 赤アイシャドウ…右パレットの左下のカラー

赤アイシャドウの3種類の使い方を紹介します。

ブラウンアイシャドウと混ぜる

  1. ブラウン系のアイシャドウでグラデーションを作り、ミディアムカラーまで終わらせた状態から始めていきます。

  2. 赤アイシャドウとアクセントカラーのブラウンをメイクブラシ(チップ)にとり、手の甲もしくはティッシュの上でしっかりと混ぜます。

    この混ぜ合わせたアイシャドウを、アクセントカラーとして使用します。

  3. 混ぜ合わせたアイシャドウを、普段アクセントカラーを塗る場所に塗布します。

    目尻が1番広く濃くなるように塗布してアイシャドウは完成です。

    この時、目を開けた時に少し見える程度の範囲に塗布して下さい。

  4. アイライナー、マスカラを塗って完成がこちらです。
  5. この方法はブラウン系のアイシャドウと混ぜて使っているの、赤アイシャドウ単色で使うよりも腫れぼったさも出にくく、肌馴染みよく使えます。

目尻にワンポイント

  1. 上まぶたのアイメイクを全て終わらせた状態から始めていきます。
  2. 赤アイシャドウを細めのアイシャドウブラシもしくは細めのチップにとり、アイラインに被らないように、目尻1/3辺りからアイラインのように塗布して完成です。

    この時、少し濃いめに塗布した方が目立って可愛いです。

  3. いつも通りのアイメイクにワンポイント足すだけなので、簡単に試す事が出来ます。

    この方法は赤アイシャドウだけではなく、色々なカラーで出来るので夏などのイベントシーズンに色々なカラーで試してみてはいかがでしょうか。

下まぶたにワンポイント

  1. 上まぶたのアイメイクを全て終わらせた状態から始めていきます。
  2. 下まぶたの黒目の下に細めのアイシャドウブラシもしくは細めのチップで赤アイシャドウを細めに塗布し、綿棒等で軽くぼかして完成です。

    この時、下まぶた全体に塗ってしまったり太めに塗ってしまうと、派手になり過ぎてしまいます。

    普段メイクにはあまり適さないメイクになってしまうので注意しましょう。

  3. この方法は下まぶたにワンポイントで赤アイシャドウを使う事によって、目元にセクシー感をプラスする事が出来ます。

最後に

3種類の方法を紹介しましたが、いかがでしょうか。

自分に似合う方法はありましたか?

一重の人はもちろん、どんな人にでも出来る方法なので、赤アイシャドウが苦手と思っている人は試してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
アイシャドウの塗り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント