内側だけが取れてしまう悩み解消!赤リップ・口紅の塗り方・コツ・メイク

haruharu
メイク

朝は綺麗に仕上がっていたのに、時間が経つと唇の内側だけリップが取れてしまっているという経験をした方たくさんいるのではないでしょうか。

特に赤リップのような濃いカラーの物は、リップが取れてしまっているととても目立ちますよね。

リップを長時間綺麗に保ち続ける事ってなかなか難しいと思います。

そこで今回は、唇の内側だけが取れてしまわない長時間綺麗を保つ赤リップの塗り方やコツを紹介します。

用意する物

  • 赤リップ(ティントタイプ)
    なるべく取れにくくするためにティントタイプのリップをご用意下さい。

    ティントタイプの中でも、リキッドタイプやスティックタイプの物があると思いますが、リップブラシを持っていなかったり、ブラシで塗るのが手間という方はリキッドタイプのリップをオススメします。

    リキッドタイプ、スティックタイプどちらも塗り方としては変わりないので、お好みのタイプで問題ありません。

  • 保湿用リップクリーム
    ティントタイプのリップは特に乾燥しやすいので、必ず保湿できるリップクリームをご用意ください。
  • ティッシュ

取れにくくするリップの塗り方

  1. 保湿用リップクリームを唇全体に塗布し、唇に馴染ませるために数分置きます。

    ティントリップは普通のリップより乾燥しやすい為、下準備として必ず保湿をして下さい。

    リップを塗った直後は大丈夫でも、時間が経つとガサついてきてしまう事があるので、ここでの保湿が重要になってきます。

  2. ティッシュで余分なリップクリームを取り除きます。

    油分が残った状態では、次に塗るティントリップが定着しずらいので、表面の余分なリップクリームはなるべく取り除くようにしましょう。

    ティッシュで拭く時、ゴシゴシ擦るのではなく優しく唇を押さえるように行いましょう。

  3. ティントリップのブラシをボトルの縁でしごき、液体の量を調節します。

    ボトルから出して直接唇に乗せてしまうと、ブラシに含まれている液体が多すぎてしまいムラになってしまうので、ほどよい量になるよう液体を減らします。

  4. 上下の唇の中央にリップを摺りこむようにギザギザと動かしながら塗布します。

    サッと塗るだけよりも、より色を唇に密着させる事が出来ます。

  5. 内側から外側に向かってブラシ動かしながら、まだ塗れていなところに塗布します。

    この時唇の輪郭がガタガタになってしまった場合は、口角→中央に向かってなるべく一筆で描くようにして輪郭をきれいに整えましょう。

  6. 上下の唇を擦り合わせ、さらに唇とリップを密着させます。

    様々な角度で唇全体にまんべんなく動かしましょう。

    しかし唇全体が隠れてしまう程、重ね合わせてしまうと綺麗に仕上げた輪郭のラインが汚くなってしまうので、慣れるまでは少しずつ確認しながら行ってください。

  7. 半分に折ったティッシュを唇で挟み、今塗ったリップを一度落とします。

    ティントリップなので表面のリップを落としても、定着しなかったリップだけがティッシュに付くので、ティッシュオフしても問題ありません。

    ティッシュオフを一度する事で、リップの密着度がより上がります。

  8. 再度同じ方法でリップを塗布して完成です。

    二度塗りをして、色味が薄いと感じる方は好みの色味のなるまで繰り返し行ってください。

最後に

長時間綺麗を保つ赤リップの塗り方でしたが、いかがでしたか?

ティントリップを使い唇中央をメインにしっかり塗る事で、中央のみが取れてしまうという悩みが解消され、一日中綺麗なリップを保つことが出来ます。

時間が経つと唇中央だけリップが取れてしまうと悩んでいる方は、ぜひ一度この方法を試してみて下さい!

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント