粘膜が見えてしまう人はインラインを!アイラインの引き方

haruharu
美容

皆さんインラインは引いていますか?

アイラインが綺麗に引けていても、粘膜が見えてしまっていて、少し残念な目元になっている人いると思います。

そこで今回は、粘膜が見えてしまわないようにするインラインの引き方について紹介します。

用意する物

  • ペンシルアイライナー
  • リキッドアイライナー(必要な人だけ)
  • どちらも似たような色味の物を用意して下さい。

    色味が違うと、アイラインを引いた時にムラが出来てしまい、汚い仕上がりになってしまいます。

インラインの引き方

  1. アイラインを引いた状態から始めていきます。

    正面から見た時に、粘膜が見えてしまっているのが分かりますよね。

    これをペンシルアイライナーで埋めていきます。

  2. アイラインを持つ手とは逆の指でまぶたを上に持ち上げます。
  3. ペンシルアイライナーを下から入れて、粘膜にラインを引きます。

  4. 正面から見た時に、まつ毛の隙間等の細かい所が塗れていない場合、リキッドアイライナーの筆先を使って埋めていき完成です。

    この時ペンシルアイライナーでも大丈夫なのですが、まつ毛の隙間を埋めるにあたって埋めにくいと判断したので、リキッドアイライナーを使用しています。

    どちらでも大丈夫なので、引きやすい方を選んで下さい。

クレンジングの仕方

綿棒にクレンジングを染み込ませて、インラインを引く時と同様、綿棒を持たない方の指でまぶたを上に持ち上げ、下から綿棒を入れて優しくなぞりながら落としてください。

最後に

インラインを引くだけで、目元の印象が変わるという事を分かっていただけたでしょうか。

せっかく綺麗に仕上がっていても、細かい所が抜けてしまっていると決まりきらないですよね。

初めての時は少し怖く感じるかもしれませんが、鏡を見ながらゆっくりやれば目に刺さる事もなく、初心者さんでも安全に出来ます。

ぜひ試してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
アイラインの引き方/コツ/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント