パーソナルカラーがブルベの方にオススメしたい秋のメイク方法

haruharu
メイク

今話題になっているパーソナルカラー。自分がどのようなカラーが似合うのか、魅力的になれるのかとパーソナルカラー診断をした方も多くいらっしゃると思います。

しかし、パーソナルカラー初心者の方はイマイチどのようなカラーを選べばいいのか分からず、1つ良いものを見つけたら毎回同じものや似たようなカラーを使ってしまいメイクがマンネリ化しがちではありませんか?

季節が変わるごとに洋服をチェンジするのと同じで、メイクも季節に合ったメイクをしたいものですよね。

そこで今回は、パーソナルカラーがブルーベースの方にオススメしたい秋にぴったりなメイク方法についてご紹介します。

【用意するもの】

  • アイシャドウ

    ☆ブルーベースの方にオススメしたい秋にぴったりなアイシャドウカラーは、プラム系のカラーや深みのあるワインレッドやボルドーのような赤系のカラー、赤みのあるココアブラウンのようなカラーです。本来ブルーベースにブラウンは苦手とされていますが、赤みのあるココアブラウンのようなカラーはブルーベースの方でも浮いてしまうことがなく、秋メイクにとてもオススメしたいカラーです。

    ☆ラメタイプのものではなく、パールタイプもしくはマットタイプを選ぶようにしましょう。華やかな印象を与えてしまいがちなラメタイプは、秋の落ち着いた雰囲気とはマッチしづらく、より秋らしさを演出するためにも避けることをオススメします。

  • リキッドアイライナー

    ☆ブラックカラーがオススメです。その他にも、こなれ感を演出できるボルドーカラーなどもオススメです。

    ☆今回はリキッドタイプを使用しますが、柔らかい印象の目元に仕上げたい方はペンシルタイプをご用意ください。

  • マスカラ

    ☆アイシャドウのくすみ感に負けず、アイシャドウのカラーとマッチするボリュームタイプのブラックカラーをご用意ください。

    ☆アイライナーと同様に赤み系のマスカラもオススメですが、メイク初心者の方にはどちらも赤み系を使うのは少し抵抗があると思うので、ポイントでどちらかだけに赤み系のカラーを使うのがオススメです。

  • ビューラー

【メイクの手順】

  1. アイシャドウパレットの右上のカラーを、アイホール全体に塗布します。

    ☆アイホールとは瞼を閉じたときに、眉下にあるくぼみまでのことを指します。どこまで塗ればいいのか分からない方は、指の腹でくぼみの位置を確認しながら少しずつ塗り広げていくのがオススメです。

  2. アイシャドウパレットの左下のカラーを、アイホールの約1/2の辺りまで塗布します。

    ☆この時、目を開けた状態で二重幅から薄っすら見える程度が目安ですが、濃いメイクが好みの方は、アイホールの約2/3の辺りまで塗布してください。

    ☆初めに塗布したハイライトカラーとグラデーションになるよう、境目は何もついていないアイシャドウブラシなどでぼかしましょう。

  3. アイシャドウパレットの右下のカラーを、上瞼の二重幅程度までと、下瞼のキワの黒目の下辺りまで塗布します。

    ☆上瞼を塗布する時は、目頭側を細めにし目尻側を太めに仕上げることで目元に奥行き感を出すことが出来ます。さらに、目元を横長に見せることが出来るのでデカ目効果も期待できます。

    ☆下瞼はアイラインを引くように細めに塗布します。太めに塗布してしまうとタレ目に見えてしまう恐れがあり、上瞼のアイシャドウとマッチしずアンバランスな目元に仕上がってしまいます。

    ☆境目がはっきりとしていると綺麗に見えないので、何もついていないアイシャドウブラシで境目をぼかすか、ミディアムカラーを境目に軽く塗布して馴染ませてください。

  4. アイシャドウパレットの左上のカラーを涙袋に塗布します。

    ☆顔のパーツが中央に集まっているような求心顔の方で、目が離れているように見せたい方は、涙袋の他に目頭にもハイライトカラーを塗布するのがオススメです。

  5. リキッドアイライナーで睫毛の隙間を埋めます。

    ☆この時、指で瞼を上へ引っ張りながら行うと隙間を埋めやすくなります。

    ☆リキッドアイライナーで睫毛の隙間を埋める時は、ペンを立てて筆先で少しずつ描いていくと綺麗に埋めることが出来ます。筆を寝かせてしまうと不必要な部分にもついてしまうのでオススメできません。

  6. リキッドアイライナーで目尻にのみラインを引きます。

    ☆少し跳ね上げ気味に描くとアイシャドウとのバランスが良くなります。

  7. ビューラーで睫毛の根元からしっかりとカールさせます。

    ☆根元のみを上げてしまうと横から見たときに不自然な仕上がりになってしまうので、根元→中間→毛先の順に挟みながらカールさせましょう。

    ☆ビューラーでは睫毛が綺麗に上がらない方は、ホットビューラーを使うのがオススメです。その場合は、ホットビューラーを使う前にマスカラ下地を塗布してから行うと睫毛を綺麗に上げることが出来ます。

  8. 上下の睫毛にマスカラをたっぷりと塗布して完成です。

    ☆アイシャドウが濃いめなので、それに負けによう存在感のある睫毛に仕上げるのがポイントです。

    ☆マスカラがダマになってしまった場合は、マスカラコームで睫毛をとかし整えます。ダマがある状態では、メイク全体が汚く見えてしまうので必ず取り除いてください。

    ☆睫毛の毛量が少ない方は、つけまつげを付けるのがオススメです。

【最後に】

今回は、ブルーベースの方にしていただきたい秋にぴったりなメイク方法のご紹介でした。

洋服は秋なのに、顔は夏なんてとてもアンバランスになってしまいます。やはり洋服だけではなくメイクも季節を意識したいものですよね。

なかなか変化が付けづらいメイクですが、今回の記事を参考に季節に合ったメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント