ホットビューラー初心者でも大丈夫!ホットビューラーの使い方・コツ

haruharu
美容

気になってはいるけど使い方が分からない。そんなホットビューラー初心者さんはいませんか?

ホットビューラーは一見、使い方が難しそうなイメージがありますが、ポイントやコツさえ掴めば、ホットビューラーを初めて使う人でも簡単に使いこなす事が出来ます!

今回は、初心者さんでも使いこなせれるホットビューラーの使い方とコツを紹介します。

ホットビューラーにはスティック型とカーラー型の2種類がありますが、皆さんがよく見かけるであろう、そして難しいと思われがちなスティック型のホットビューラーを今回は使用していきます。

ホットビューラーの種類

  • スティック型

    先端がコームのようになっており、ヒーターの部分にまつ毛をあてて、押し上げるようにしてカールを作るホットビューラーで、多くのメーカーから販売されているタイプです。

    普通のビューラーとは全く違う形状をしていたり、まつ毛のクセや質によってもカールのつき具合が変化するので慣れるまで、少し使いにくいと感じるかもしれません。

    まつ毛を挟んでカールするわけではないので、短いまつ毛もしっかりキャッチしてくれて、下まつ毛にも使いやすく、コーム状なのでまつ毛が美しくセパレートされるのもポイントです。

    本体はコンパクトでスリムなので持ち運びしやすく、携帯用としてメイクポーチに入れておけるので、外出先でのメイク直しにも便利です。

  • カーラー型

    見た目と形が一般的なビューラーと似ており、まつげを挟むタイプのホットビューラーです。

    挟んだ両側から熱が伝わるので、よりくっきりとしたカールを作り出す事が出来ます。

    スティック型と違い、自分でカールを作る必要がなく、普通のビューラーと使用方法が似ているので、ホットビューラー初心者さんでも扱いやすいと思います。

    しかし普通のビューラーを使うのが苦手な人には難しいかもしれません。

    間違ってまぶたを挟んでしまうとケガや火傷にも繋がるので使用には少し注意が必要です。

    本体のサイズが大きいということもあり、持ち運びには不向きです。

スティック型ホットビューラーのメリット

  • カールが長持ち(スティック型・カーラー型どちらにも当てはまります)

    熱を加えてカールするので、普通のビューラーよりもカールが長持ちすると言われています。

  • まつ毛への負担軽減

    無理に引っ張るような力が加わる事がないので、まつ毛が抜けたり切れたりしてしまうのを防ぐ事が出来ます。

    但し、ホットビューラーでも長時間まつ毛にあて続けてしまうと、まつ毛が乾燥してしまい、まつ毛にダメージを与えてしまうので、お持ちのホットビューラーの使用時間は守るようにしましょう。

  • 短いまつ毛もキャッチ

    挟むタイプのビューラーだと、短いまつ毛を挟み込めない事が度々ありますよね。

    スティック型のホットビューラーなら、根元からあてる事が出来るので、どんな長さのまつ毛もしっかりキャッチする事が出来ます。

    普通のビューラーでは挟みにくい下まつ毛にも使いやすいのもいい所です。

  • まぶたの形を選ばない

    まぶたの形を選ぶことなく、どんなまぶたの人でも使えます。

    ビューラーのカールとまぶたの形が合わず、まつ毛が挟めないという悩みも解消されます。

  • まつエクにもOK

    普通のビューラーではまつエクに使ってしまうと、カクっと変な跡が付いてしまうので使えないのですが、ホットビューラーなら変な跡が付くことなく、綺麗な状態をキープする事が出来ます。

用意する物

  • ホットビューラー
  • マスカラ下地

スティック型ホットビューラーの使い方手順

目線は下げた状態で行います。

下を向きながらの方が、まつ毛の根元にビューラーをしっかりあてることが出来、しっかり根元からカールさせることが出来ます。

  1. マスカラ下地をまつ毛全体に塗布し、しっかり乾かします。

    ホットビューラーで上手にカールが出来ない人でも、初めにマスカラ下地を塗っておくと綺麗にまつ毛を上げる事が出来ます。

  2. 中央のまつ毛の根元に、持ち上げるようにホットビューラーをあて3秒位キープします。

    持ち上げ具合でまつ毛の上がり具合が変わります。

    しっかりとカールさせたい場合は、グッと持ち上げましょう。

    ナチュラルなカールにしたい場合は、軽く持ち上げる位にしましょう。

  3. そのままゆっくり毛先の方に向かって滑らせるように移動させます。

    この時、まつ毛がクルっとカールするように、形を整えるのを意識しながら行うのがポイントです。

  4. 毛先まで滑らしたら、ここでも3秒位キープし、中央のまつ毛は完成です。
  5. 次に目頭を同じ手順で行います。
  6. 最後に目尻も同じ手順で行ったら完成です。
  7. ホットビューラー前と後の比較画像です。

最後に

ホットビューラーの使い方がイマイチ分からなかった初心者さん、いかがでしたか?

思っていたよりも簡単と感じた人がいるのではないでしょうか。

慣れるまでは上手にカールが出来なかったり、まつ毛が上がりきらなかったりすると思いますが、コツさえ掴めば簡単に出来るようになります。

火傷にだけ注意して、綺麗な上向きまつ毛を手に入れてみて下さい。

この記事のテーマに戻る
マスカラの塗り方/コツ/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント