目尻のアイラインが消えてしまう人のためのアイラインの引き方

haruharu
美容

時間が経つと目尻のアイラインだけにじんで消えてしまっている。と悩んでいる人はいませんか?

メイク直しが出来る時ならまだいいですが、出来ない時も多々ありますよね。

そこで今回は、目尻のアイラインが消えてしまう人の為の消えにくくするアイラインの引き方を紹介します。

にじむ原因・対策

原因

  • 皮脂や体液

    一番の原因として、皮脂、汗や涙といった体液があげられます。

    皮脂に含まれる油分が、オイルクレンジングのような働きをしてしまい、アイライナーを溶かしてしまいます。

  • スキンケア

    目のキワに乳液やクリーム等の油分が残っているのも、にじむ原因になります。

    時間が経ち、油分とアイライナーが混ざり合って溶かしてしまいます。

  • 摩擦

    まばたきをする事で、上まぶたと下まぶたの摩擦が起きにじむ原因となります。

    また、目をこする癖があったり、化粧直しの時にアイシャドウチップでこすったりする事でも、アイラインはにじみます。

対策

  • 皮脂や体液
  • スキンケア

    綿棒等を使って目のキワまで、しっかりと皮脂やスキンケアの油分を拭き取ります。下まぶたも忘れず拭き取るようにしましょう。

    拭き取った後は、しっかりフェイスパウダーでおさえましょう。

  • 摩擦

    目をこする等の癖は直せますが、まばたきをしないというのは無理なので、そういう時は、目尻のアイラインの位置や角度、長さを変えてみて下さい。

用意する物

  • 綿棒
  • ティッシュ
  • フェイスパウダー
  • リキッドアイライナー
  • アイシャドウ(アイライナーと似た色)

アイラインの引き方

  1. ティッシュでまぶた全体の余分な油分や水分を取り除きます。細かいまつ毛のキワ等は綿棒を使って取り除きます。

    下まぶたも忘れず行いましょう。

  2. フェイスパウダーでまぶた全体をサラサラな状態にします。

    下まぶたも忘れず行いましょう。

  3. リキッドアイライナーでラインを引きます。

    この時、摩擦で消えてしまうという人は、普段とは違う位置や角度、長さにしてみて下さい。

    普段低い位置に引く人は少し高い位置に引いてみたり、長めに引く人は少し短くしてみたりと、これだけで改善される可能性があります。

  4. アイラインを引いた上からなぞるようにアイシャドウを塗布したら完成です。

その他の対処法

  • アイライナー後にフェイスパウダー

    アイライナーを引いた後にフェイスパウダーを重ねるという方法です。

    フェイスパウダーは皮脂や油分を抑えてくれる効果があるので、時間が経ってもよれにくくしてくれます。

    しかし、アイラインの発色が少し薄くなってしまうので、色味を強調したい人にはあまりオススメは出来ません。

  • トップコート

    アイラインが消えないようにするトップコートを上から重ねるという方法です。

    使う物によっては塗ると光沢感が出てしまう物があるので、その場合にじんでしまう目尻だけに塗布してみるのも一つの手段です。

    気にならないという人は全体に塗布して下さい。

最後に

目尻が消えてしまうと悩んでいる人いかがだったでしょうか。

せっかく綺麗にメイクが出来ても時間が経ってからよれてしまっては、テンションも下がってしまいますよね。

しかし、このひと手間加えるだけで改善されるかもしれないので、目尻が消えてしまうと困っている人は一度この方法を試してみて下さい。

美容
Howpon[ハウポン]

コメント