初心者必見!アイラインの引き方(リキッドアイライナー編)

haruharu
美容

メイク初心者さんでも、リキッドアイライナーで演出出来る、くっきりはっきりとした目元に憧れますよね。

しかし、ペンシルアイライナーとは違い、失敗してしまうと修正がなかなか難しく、メイク初心者さんには少し難易度が高く感じるかもしれません。

今回は、メイク初心者さんでも綺麗に引けるリキッドアイライナーの引き方を紹介します。

リキッドアイライナーとは

アイライナーは、ペンシルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプの三種類があります。

この中で、メイク初心者さんには少し難しく思われがちなリキッドアイライナーについて説明します。

リキッドアイライナーとは、先端が筆のような形をしてるアイライナーです。

くっきりとしたラインを描く事が出来、目のキワや目尻のハネなど細かい所までラインを引く事が出来るのが、このリキッドアイライナーの特徴です。

目を大きく見せたい時や、目力を強調して印象的な目元にしたい時などに最適です。

リキッドタイプのアイライナーを選ぶ時は、筆先が安定しやすいフェルトペンタイプで、さらに細めのものを選ぶと、リキッドタイプに慣れていない初心者さんでも引きやすいと思います。

用意する物

  • リキッドアイライナー

リキッドアイライナーの引き方

  1. アイラインが分かりやすい様、スッピンの目元に引いていきます。
  2. 鏡を覗き込むように目線を下げます。

    真正面を向いた状態では、キワに上手く引く事が出来ないので、目線は下げた状態で行います。

  3. 2回に分けてアイラインを引いていきます。
  4. まず、中央から目尻に向かって一筆でアイラインを引きます。初心者さんは、目尻は2~3㎜長めに引く位が失敗も少なく自然に見えると思います。

    この時、一筆で引いた方が線にがたつきがなく綺麗なアイラインに仕上がるので、途中で中断するのはやめましょう。

  5. 目頭から中央に向かって一筆でアイラインを引き、先程引いたアイラインと繋げます。

    こちらも先程と同様、一筆で引いた方が線にがたつきがなく綺麗なアイラインに仕上がるので、途中で中断するのはやめましょう。

  6. アイライナーの先端を使って、塗れていないまつ毛の間などを埋めたら完成です。

    ペンシルアイライナーと違い、色がはっきり出る分、塗れていない所が目立ってしまうので、このひと手間を加える事で、より綺麗なアイラインに仕上げる事が出来ます。

最後に

初心者さんでも綺麗に引けるようになるアイラインの引き方でしたが、いかがだったでしょうか。

ペンシルタイプと比べてしまうと、やはり難しく感じるとは思いますが、二段階にする事により少しは難しさが軽減されると思います。

この方法で慣れてきたら、次は目頭から目尻まで一筆で引いてみて下さい。二段階で引くよりも綺麗なアイラインが描けると思います。

慣れてしまえば簡単なリキッドアイライナーなので、たくさん練習して、くっきりはっきりとした目元を手に入れて下さい。

この記事のテーマに戻る
アイラインの引き方/コツ/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント