初心者必見!アイラインの引き方(ペンシルアイライナー編)

haruharu
美容

アイラインが難しいと困っているメイク初心者さんはいませんか?

上手く引けずガタガタになってしまった。こんな経験をした人、多いのではないでしょうか。

今回は、メイク初心者さんでもガタガタにならない綺麗なアイラインの引き方(ペンシルアイライナー)を紹介します。

ペンシルアイライナーとは

アイライナーは、ペンシルタイプ・リキッドタイプ・ジェルタイプの三種類があります。

この中で、初心者さんでも使いやすいペンシルタイプについて説明します。

ペンシルタイプとは、名前の通り鉛筆のような形をしているアイライナーです。(繰り出しタイプもあります。)

アイラインがガタガタになっても、綿棒などを使って簡単にぼかしたり、なじませたりとラインの調整や修正がしやすく、失敗しにくいのがこのペンシルタイプの特徴です。

ナチュラルでふんわりとした柔らかいラインが描けるため、ナチュラルメイクに仕上げたい時に最適です。

ペンシルタイプのアイライナーを選ぶ時は、芯がやわらかめで、スルスルと描けるものを選ぶと、初心者さんでも簡単に引く事が出来ます。

用意する物

  • ペンシルアイライナー
  • 綿棒(必要な人だけ)

ペンシルアイライナーの引き方

  1. アイラインが分かりやすい様、スッピンの目元に引いていきます。
  2. 鏡を覗き込むように目線を下げます。

    真正面を向いた状態では、キワに上手く引く事が出来ないので、目線は下げた状態で行います。

  3. 約2回に分けてアイラインを引いていきます。
  4. まず、目頭から中央までアイラインを引きます。

    この時、アイライナーを持っていない方の指で、まぶたを上へ軽く引っ張りながら行うと引きやすいです。

  5. 目尻から中央までアイラインを引き、先程引いたアイラインと繋げます。

    こちらも先程と同様、アイライナーを持っていない方の指で、まぶたを上へ軽く引っ張りながら行うと引きやすいです。

  6. 目尻に軽く延長ラインを引きます。

    お好みで長さは調節して下さい。

  7. 綿棒でガタガタな所を直したら完成です。

最後に

初心者さんでも失敗しないペンシルアイライナーの引き方でした。

アイラインは1度で全部引こうとせず、2回位に分けて引く事で失敗が減り、綺麗なアイラインを引く事が出来ます。

ガタガタになってしまった場合でも、綿棒でぼかしてなじませる事が出来るので、多少のがたつきは問題ないです。ここがペンシルアイライナーを使う利点だと思います。

この方法で行えば、簡単に綺麗なアイラインを引く事が出来るので、ぜひ練習してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
アイラインの引き方/コツ/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント