離れ目必見!目が近づいて見える矯正メイクのやり方

mikamika
メイク

今回は目が近づいて見える矯正メイクのやり方についてご紹介致します。

離れ目で悩んでいる方は、メイクで印象を変える事が出来るんです!

ポイントは顔の中心をメイクで強調する事です。目幅を近づける事で大人っぽさや知的な雰囲気を出してくれるので、印象を変えたい方は必見です。

手順やメイクのポイントも詳しくお伝え致しますので、是非参考にしてみてください。

【用意するもの】

アイメイク

  • アイシャドウパレット
    肌馴染みが良く、自然な陰影が作り出せるブラウンのアイシャドウパレットを使用します。

    3色以上入っている物を選ぶと、グラデーションがし易いのでおすすめです。

  • ペンシルアイライナー
    ぼかしやすく、太さも簡単に変えられるのがペンシルアイライナーの特徴です。

    今回の矯正メイクで必須アイテムになります。

  • マスカラ
    ロング・ボリューム・カールと様々な種類があるので自分の悩みに合わせてマスカラを選んでください。

    ロング…睫毛の長さが短いと悩んでいる方。

    ボリューム…睫毛の本数が少ないと悩んでいる方。

    カール…睫毛のカールをキープしたい方。

  • ビューラー
  • マスカラコーム

アイブロウ

  • アイブロウパウダー
    眉全体の色味の調整やグラデーションを作る時に使用します。また、アイブロウ以外にはノーズシャドウ等にも使用します。矯正メイクのポイントとなる、顔の陰影を作るのに最適なアイテムです。
  • アイブロウペンシル
    毛量が少ない部分に描き足す時に使用します。目尻や輪郭のラインがきちんと描けるので、理想の眉毛の形が作りやすいアイテムです。
  • アイブロウマスカラ
    自眉と色味を馴染ませる為に使用します。ご自身の髪色に近いカラーを選ぶとより自然な仕上がりになります。
  • スクリューブラシ

【アイメイクの手順】

アイシャドウを塗る

  1. アイシャドウパレットのハイライトカラーを指の腹に取り、アイホール全体に塗布します。

  2. ダークカラーを付属の細いチップに取り、目頭が一番濃く付くように、目頭から目尻に向かって塗布します。

    *目頭を濃くすることで、パーツが顔の中心に寄っているかのように見せることが出来、離れ目が解消されます。

  3. ミディアムカラーを付属の太いチップに取り、先程塗ったダークカラーとハイライトカラーの間に塗布し、境目をぼかしながらグラデーションを作ります。

  4. 全体のバランスを見て、再度目頭側にダークカラーを塗布します。

    *濃く付きすぎてしまった場合、色が付いていないアイシャドウチップやアイシャドウブラシで境目をぼかすと自然に馴染んでくれます。

  5. ハイライトカラーを付属の細いチップに取り、下瞼に塗布します。

    *下瞼に塗布する事で、顔全体の明るさが出ます。

アイラインを引く

  1. ペンシルアイライナーで睫毛の隙間を埋めます。

    *瞼をしっかりと上に引っ張り、粘膜の部分が見えている状態で、アイライナーを下から入れると描きやすいです。

  2. 目頭側を目の形に沿って1㎜程太く引きます。

    *目尻側は目幅よりも強調してしまうと、遠心顔になってしまうので目尻側は細く、短めに引く事がポイントです。

  3. 綿棒などで、目頭側のアイラインを少しぼかします。

    *ラインを強調しすぎない事で自然な陰影を表現できます。

マスカラを塗る

  1. ビューラーを使って睫毛の根元をしっかりと上げます。

    *睫毛を根元から立ち上げる事で目の縦幅が拡張されます。

  2. 睫毛の中間を2~3回挟みます。
  3. 睫毛の毛先を2~3回挟みます。

    *1回で上げてしまうと、カクンとした直角の睫毛に仕上がり、不自然な印象を与えてしまいます。ビューラーで挟む位置を3箇所に分けて睫毛を上げる事によって自然なカールを作る事が出来ます。

  4. 目頭側を再度挟み、目頭のカールを強めます。

    *目頭のカールを強める事で目頭の印象が強くなり、顔の印象が中心に寄ります。

  5. マスカラコームで睫毛をとかし、扇状に整えます。
  6. 上睫毛にマスカラを塗布します。

    *ブラシを根元にしっかりと押し当て、毛先に向かってスッと抜くように塗っていきます。

  7. 上睫毛の目頭だけ更にマスカラを塗布します。

    *目頭にだけ重ね塗りする事で、顔の印象をより求心に近づけます。

  8. 下睫毛にもマスカラを塗布します。

    *ブラシの先端を使い、細長い繊細な睫毛を作ります。

アイブロウを描く

  1. スクリューブラシで毛流れを整えます。
  2. アイブロウペンシルで眉山から眉尻にかけて、角度をつけず平行を意識して描きます。

    *角度が強く長めの眉毛だと顔の外側の印象が強くなってしまうので、眉尻は少し短めに描く事がポイントです。また、毛を描き足すように一本一本描いていく事で、自然な印象に仕上がります。

  3. アイブロウパウダーの濃いカラーを付属の細いブラシに取り、眉尻に重ねます。

  4. アイブロウパウダーの明るいカラーと中間のカラーを付属の太いブラシでブレンディングし、眉頭から眉山に向かって塗布します。

  5. 全体に塗布出来たら明るいカラーを付属の太いブラシに取り、眉頭に更に重ね、眉頭の印象を強調します。

  6. スクリューブラシでとかし、眉全体の色味を馴染ませます。
  7. 眉頭と目元の間のくぼみにアイブロウパウダーの明るいカラーを塗布し、ノーズシャドウを描きます。

    *ノーズシャドウを入れる事で、顔の中心が強調されます。

    *濃くならないように、付けた後は指でぼかします。

  8. アイブロウマスカラを全体に塗布し、完成です。

    *毛流れに逆らうように動かすと、色味がしっかりと付きますので、色味が付いたら全体の形を整えます。

【まとめ】

今回は離れ目の方におすすめの目が近づいてみえるメイク方法を紹介致しました。

今回お伝えしたメイク方法はどれも簡単なので、初心者の方でもすぐに取り入れる事が出来、コンプレックスに感じていた離れ目もメイクでカバーする事が出来ます。

ナチュラルな印象にするために、アイライナーをしっかりとぼかす事がポイントです。

是非取り入れて、メイクを楽しんでください!

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント