イエベに似合う夏にオススメしたい垢抜けメイク方法

haruharu
メイク

夏といえばジューシーなビタミンカラーですよね。しかし様々なカラーが映える季節で、どのようなカラーを選べばいいのか分からなくなることはありませんか?

あまり派手なカラーは使いたくないけど、夏らしいメイクをしたい…と考えている、イエローベースの方にオススメしたいカラーは、夏の定番色オレンジカラーです。

無難なカラーではありますが、塗り方次第で垢抜け顔になることが出来ます!

そこで今回は、イエローベースの方にオススメな垢抜ける夏メイクの方法についてご紹介します。

【用意するもの】

  • アイシャドウ

    ☆ラメ感のある明るめのオレンジカラーが普段使いもしやすくオススメです。マットタイプやくすんでいるオレンジカラーは、どちらかというと秋のイメージが強く、夏に使うには重たい印象を与えてしまいます。大人っぽさを出したい方はラメ感が少ないものを選ぶようにしましょう。

    ☆オレンジカラーの他にも、イエローやターコイズブルー、コーラルピンク、キャメルのような明るいゴールド系のブラウンなどもオススメです。

    イエローやターコイズブルーはメイク初心者の方には扱いが難しいカラーだと思うので、単色で使うのではなくワンポイントで使ったり、他のカラーと組み合わせて使うのがベストです。メイク上級者の方は、イエローとターコイズブルーでアイシャドウを仕上げてみるのもオススメです。

  • ゴールドラメのアイシャドウ

    ☆夏メイクで使うものは大粒のものの方が映えるのでオススメです。派手になりすぎてしまい使いづらいと感じる方や、落ち着いた印象に見せたい方は、小粒のものをご用意ください。

    ☆イエローベースの方は、シルバーラメとはとても相性が悪いので必ずゴールドラメを選ぶようにしてください。

  • リキッドアイライナー

    ☆オレンジカラーと相性が良いブラウンカラーをご用意ください。目元をはっきりとさせたい方はダークブラウン、ナチュラルに見せたい方や色素を薄く見せたい方はライトブラウンがオススメです。

    ☆よりナチュラルな目元に仕上げたい方は、ペンシルアイライナーのブラウンカラーをご用意ください。

  • マスカラ

    ☆アイライナーと同様にブラウンカラーをご用意ください。ブラックカラーは目元を強調してくれますが、アイシャドウやアイライナーと比べ主張が強すぎてしまいアンバランスな目元になってしまう可能性があります。

    ☆ナチュラルに仕上げたい方や、睫毛に長さが欲しい方はロングタイプ、目元を強調したい方や、ボリュームが欲しい方はボリュームタイプをご用意ください。

  • ビューラー

【夏メイクの手順】

  1. オレンジアイシャドウをアイホール全体に塗布します。

    ☆瞼に薄っすら色が付く程度で大丈夫です。濃くつきすぎてしまったり、境目がはっきりとしてしまった場合は、何もついていないアイシャドウブラシで全体的にぼかしたり、境目だけをなぞるようにぼかしてください。

    ☆アイホールの位置が分からないという方は、眉下にあるくぼみを目安に少しずつ塗布してください。

  2. オレンジアイシャドウをアイホールの約1/2の位置まで塗布します。さらに、下瞼の目尻1/2(黒目の下)の位置まで塗布します。

    ☆先ほど塗布した量より少し多めに塗布します。メリハリが出て単色でもしっかりとグラデーションに出来上がります。境目は何もついていないアイシャドウブラシでぼかすと綺麗に仕上がるのでオススメです。

    ☆下瞼の目尻はくの字に繋がるように塗布することを意識しましょう。

  3. オレンジアイシャドウを二重幅の半分までの位置と、下瞼の1/3の位置にアイラインのように塗布します。

    ☆塗る量が少なすぎると目元がぼやけてしまうので、目元を引き締めるために濃いめに塗布しましょう。

    ☆境目は何もついていないアイシャドウブラシでぼかして仕上げるのが綺麗にグラデーションを作るコツです。全体をぼかしてしまうと発色が弱まってしまい、グラデーションが分かりづらくなってしまうので境目だけにブラシをあてるようにしてください。

    ☆下瞼に塗布する時は、細めのアイシャドウブラシを使うと塗りやすくなります。

  4. ゴールドラメアイシャドウを上瞼の中央と、下瞼の目頭(涙袋)に塗布します。

    ☆ラメアイシャドウはスライドしながらでは上手く乗せることが出来ないので、スタンプを押すようにポンポンと乗せるのがポイントです。

  5. リキッドアイライナーでアイラインを引きます。

    ☆この時、粘膜や睫毛の隙間が気になる方はインラインを引きましょう。その場合は、ペン先の細い部分を使うと引きやすくなります。

    ☆目尻は少し長めに引くとバランスの良い目元に仕上がります。目尻を引く時は、皮膚を横に引っ張りながら行うと引きやすくなります。

  6. ビューラーで睫毛を上げます。

    ☆根元のみを上げてしまうとカールが下がりやすく、横から見た時も不格好になってしまうので、睫毛を上げる時は根元・中間・毛先の三段階に分けて上げましょう。

  7. 上下の睫毛にマスカラを塗布して完成です。

    ☆ナチュラルに仕上げたい方は一度塗り、目元を強調したい方は二度塗り~三度塗りをしましょう。

    ☆ダマが出来てしまった場合は、マスカラコームでとかしてダマを取り除いてください。

【最後に】

今回は、イエローベースの方にオススメな夏に合う垢抜けメイクの方法についてご紹介しました。

やはり夏と言えばオレンジカラーがピッタリですよね!イエローベースの方との相性もとてもよく、単色でも綺麗なグラデーションを作りやすいので本当にオススメなカラーです。

夏メイクにはオレンジカラーを使っておけば間違いなしなので、イエローベースの方で夏メイクを悩んでいる方はまずはオレンジカラーをトライしてみてください。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント