ケバく濃くなりがちな二重に似合うアイメイクのやり方

mikamika
メイク

今回は二重の方に似合うアイメイクのやり方についてご紹介致します。

ナチュラルなメイクは憧れるけど、顔立ちのせいか濃い印象に見えてしまう派手顔さん。

そんな方はアイシャドウとアイラインの引き方を少し変えてみましょう!この方法を使えばケバくならずにナチュラルに目元を大きく見せることが出来ます。ナチュラルな印象に仕上げたいと思っている方は是非、参考にしてみてください。

【用意するもの】

アイメイク

  • 明るいベージュのアイシャドウ

    *ベースカラーで使用します。二重がはっきりとしている派手顔さんはブラウンのアイシャドウをしっかりと入れてしまうと濃い印象を与えてしまうので、アイシャドウは自然なベージュ系がおすすめです。パール系の物を選ぶと透明感がアップします。

  • ブラウンのアイシャドウ

    *締め色で使用します。目のキワに使用することで自然に目元を大きくみせてくれます。肌馴染みの良い色を選びます。

  • アイシャドウブラシ
  • ペンシルアイライナー

    *睫毛のキワにアイラインを引く際に使用します。太いアイラインは二重の派手顔さんは濃い印象を与えてしまいます。ペンシルアイライナーは細かいラインも簡単に書くことが出来るのでおすすめです。ブラウンのアイライナーを選ぶと更にナチュラルな印象を与えます。

  • ロングタイプのマスカラ

    *ロングタイプのマスカラが自然に目元を大きくみせてくれるのでおすすめです。アイライナーと同様、ナチュラルに仕上げたい方はブラウンのマスカラを使用することをおすすめします。

  • ビューラー
  • マスカラコーム

アイブロウ

  • アイブロウパウダー

    *二重の派手顔さんは美人系の顔立ちなので、アイブロウペンシルで仕上げたようなしっかりとした眉ではきつい印象を与えてしまいます。アイブロウパウダーをメインで使用することでふんわりとした優しいアイブロウに仕上がるのでおすすめです。

  • アイブロウペンシル

    *毛量が足りない部分に描き足す際に使用します。瞳の色とご自身のヘアカラーの中間の色を使用すると自然な仕上がりになります。

  • アイブロウマスカラ

    *自眉と眉の色味を馴染ませる際に使用します。ご自身のヘアカラーと近い物を選ぶと自然な仕上がりになります。

  • スクリューブラシ

【アイメイクの手順】

アイシャドウを塗る

  1. ベージュのアイシャドウをブラシに取り、アイホール全体に塗布します。

    *黒目の中央に多く乗せることで立体感が増します。

  2. ブラウンのアイシャドウをブラシの先端に取り、目のキワに塗布します。

    *広い範囲で入れてしまうと濃い印象を与えてしまうので、目のキワにアイラインを引くように塗る事で自然に目がぱっちりとした仕上がりになります。

  3. アイシャドウブラシでベージュとブラウンのアイシャドウの境目をブラシを左右に動かしながらぼかし、グラデーションを作ります。

    *境目を馴染ませることで更に自然な印象を与えます。

  4. ブラウンのアイシャドウを下瞼の目尻1/3に塗布します。
  5. ベージュのアイシャドウを下瞼全体に塗布します。

    *下瞼に塗ることで目元全体が明るくなり、透明感が増します。

アイラインを引く

  1. ペンシルアイライナーを使い、インラインを引きます。

    *二重の方はアイラインを太く引いてしまうと強い印象になってしまうので、睫毛の隙間の粘膜の部分にインラインを引き、自然な仕上がりにします。瞼を上に引っ張り、下からアイライナーを入れるとインラインが引きやすいです。

  2. 目尻に1~2㎜程アイラインを足し、横幅を広げます。

    *目尻のみアイラインを足すことで自然に目元を大きく見せることができます。可愛らしい印象にしたい方は垂れ下げて書いても良いです。

マスカラを塗る

  1. ビューラーで睫毛の根元をしっかりと上げます。

  2. 睫毛の中間を2~3回挟みます。
  3. 睫毛の毛先を2~3回挟みます。

    *根元のみ上げてしまうと横から見たときに不自然なカールになってしまうので根元から毛先にかけて3段階で上げることで自然なカールに仕上がります。

  4. マスカラコームで睫毛を扇状に整えます。
  5. マスカラを睫毛の根元にしっかりと当て、毛先に向かいスッと抜くように塗布します。

    *マスカラを根元にしっかりと当てることでカール力が増し、アイライン効果も生まれます。長さが足りない方は、マスカラブラシの先端を使い、一本一本丁寧に塗るとダマにならずに長さを足すことが出来ます。

  6. 下睫毛にもマスカラを塗布します。
  7. マスカラコームで睫毛をとかし、上下のマスカラのダマを取り除きます。

アイブロウを描く

  1. スクリューブラシで毛量を整えます。
  2. アイブロウパウダーの濃い色を付属の細いブラシに取り、眉山と眉尻にやや平行を意識して描きます。

    *角度が強いときつめの印象を与えてしまうので、角度は付けずに仕上げます。眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上に描くと良いです。

  3. アイブロウパウダーの明るい色と中間の色を付属の太いブラシでブレンディングし、眉頭の1㎝空けた所から眉尻まで色を重ねます。

    *眉頭は後ほど明るい色で仕上げるのでこの時は空けておきます。ブラシのタッチを優しくすることで眉全体がふんわりとした優しい印象になります。

  4. 眉全体の仕上がりを見て、毛量が足りない所にアイブロウペンシルを使い、描き足します。

    *一本一本を描き足していくように、ペンシルを小刻みに動かしていくことで自然な仕上がりになります。

  5. アイブロウパウダーの明るい色を付属の太いブラシに取り、眉頭に重ねます。

  6. スクリューブラシで眉全体の色味を馴染ませます。
  7. アイブロウマスカラを眉全体に塗布します。

    *毛流れに逆らうように色を付けるとしっかりと色が付き、ムラなく仕上がります。付けた後は毛流れを整えて完成です。

【まとめ】

今回は二重に似合うアイメイクのやり方についてご紹介致しました。

『アイメイクが濃くみえてしまってケバくみえてしまう』と悩む方はこの方法を使えば、ナチュラルに目元をパッチリと見せることが出来ます。アイブロウもやり方によってはアイメイクを濃くみせてしまう原因でもあるので、ふんわりとしたアイブロウを意識してみてください!

是非このメイク方法を取り入れてナチュラルで可愛い女の子を目指しましょう!

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント