オレンジアイシャドウを使った涙袋の作り方・書き方・メイク

haruharu
美容

ここ数年人気があるオレンジアイシャドウですが、使い方がマンネリ化してしまってはいませんか?

上まぶたにワンポイント、もしくは、アイホール全体に使用する以外の使用方法がイマイチ分からないという人、意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オレンジアイシャドウを使った涙袋の作り方を紹介します。

用意する物

  • オレンジアイシャドウ

    オレンジは膨張色なので、涙袋に塗る事により、ぷっくり見せる事が出来ます。

    トレンド感を出す事が出来、血色感を良く見せる事も出来ます。

    カラーを目立たせたい人は、発色のいいアイシャドウを使用して下さい。

    逆にさりげなくオレンジを楽しみたい人は、ベージュっぽいオレンジカラーを使用するといいです。

  • ブラウンアイシャドウ(アイシャドウの下段二色のどちらかのカラー)

    目元を引き締める為に使用します。

    ミディアムカラー~アクセントカラー位のブラウンがオススメです。

  • 細めのアイシャドウブラシ
  • 綿棒もしくは、小さめのアイシャドウブラシ

涙袋メイクの手順

  1. 黒目の下から目頭に向かって、オレンジアイシャドウを塗布します。

    黒目の下から塗り始める事により、ここが一番高く見え、ぷっくり感を強く出す事が出来ます。

  2. 黒目の下から目尻に向かって、オレンジアイシャドウを塗布します。

    こちらも先程と同様、黒目の下が一番高く見えるように、黒目の下から塗り始めます。

  3. 綿棒もしくは、小さめのアイシャドウブラシで、オレンジアイシャドウの境目をぼかします。

    左右にぼかすのではなく、下に向かってぼかします。自然なグラデーションを作る事が出来ます。

  4. ブラウンアイシャドウをアイラインの代わりに、目尻に細めに塗布したら完成です。

    オレンジアイシャドウだけでは膨張してしまい、人によっては目元が腫れて見えてしまう可能性があるので、ブラウンアイシャドウで引き締めると、防ぐ事が出来ます。

    ただ、濃く感じる人は、この工程は省いても問題はありません。

最後に

マンネリ化してしまいがちなオレンジアイシャドウを使って、ぷっくりした涙袋の作り方でしたがいかがでしたか?

涙袋にはホワイト等のハイライトカラーを使っている人が多いとは思いますが、オレンジでもぷっくりとした涙袋を作る事が出来ます。

トレンド感や、血色感も追加する事が出来るので、普段のメイクに取り入れてみてはいかがでしょうか。

マンネリ化してきた。オレンジアイシャドウだけが残ってしまって使い道に困っている。という人は、一度試してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
涙袋の作り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント