初心者にオススメ!涙袋の作り方・書き方・メイクまとめ(2020最新)

haruharu
美容

涙袋メイクは派手なメイクのイメージや、ギャルメイクでするものと思い込んでる人はいませんか?そんな事はありません!

涙袋はデカ目に見せてくれる効果があり、あるのとないのでは、目元の印象が大きく変わります。

しかし上手く陰影をつけないと不自然な目元になってしまったり、逆に目を小さく見せてしまう場合があります。

ここでは涙袋メイク初心者さんや、今まで挑戦したけど上手く出来なかった人のための、涙袋メイクの基本的な作り方や、少し変わった涙袋の作り方など様々な涙袋メイクに関する事を集めたまとめ記事です。

初心者さんでも分かりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

基本的な涙袋の作り方

ナチュラルな涙袋を作るポイントは、肌馴染みの良いカラーを使う事です!明るすぎてしまうハイライトでは派手に仕上がり過ぎてしまい、暗すぎてしまう影では描いているのがバレバレになってしまいます。

ここでは初心者さんでも簡単にナチュラルなぷっくりとした涙袋が作れるよう、基本的な作り方やコツを紹介しています。

誰でも簡単に作る事が出来るので、ぜひ参考にしてみて下さい。

悩み解消!崩れない涙袋の作り方

涙袋メイクの一番の悩みは、時間が経つと崩れやすいという事ではないでしょうか?

まばたき等の摩擦でよれてしまったり、涙目でにじんでしまったり…と原因は様々ですが、せっかく綺麗に仕上がったメイクは、一日中綺麗に保ちたいですよね。

ここではそんな悩みを解消するためのポイントやコツを紹介しているので、ぜひ参考にして、悩み解消につなげて下さい。

カラーを取り入れた涙袋の作り方

涙袋メイクにホワイト系やベージュ系のカラーを使う事が多いと思いますが、他のカラーでも可愛らしい目元を演出する事が出来ます!

色物はたくさん塗り過ぎてしまうと、派手になってしまったり、イベントメイクのようになってしまったりと少し難しいですが、慣れてしまえば簡単に普段とは違った目元を楽しめます。

さらにアイシャドウパレットに入っていて使わないカラーも、捨てることなく使う事が出来ます!ぜひ真似してみてはいかがでしょうか。

理想の目元になれる涙袋の作り方

アイメイクを変えたのに、なぜかしっくりこないという事はありませんか?

アイメイクだけではなく、それに合わせた涙袋の作り方をする事で、さらに自分のなりたい目元に近付く事が出来ます!

そして、涙袋メイクは若い子がするものと諦めている大人女性の方々でも出来る、ナチュラルな涙袋メイク方法も紹介しているので、参考にしてみて下さい。

少し変わった涙袋の作り方

涙袋を作る時、明るめのアイシャドウとアイブロウペンシルの2アイテムが基本アイテムだと思いますが、他の手段でも涙袋を作れる事を知っていましたか?

ここではアイテープを使った一見変わった涙袋の作り方や、コンシーラーを使った涙袋の作り方を紹介しています。

アイテープを使った方法は練習が必要ですが、紹介している記事を参考に練習してみて下さい。

美容
Howpon[ハウポン]

コメント