悩み解消!崩れない涙袋メイクの作り方・書き方

haruharu
美容

涙袋メイクが綺麗に仕上がっても、時間が経つとヨレてしまっているという経験をした人はいませんか?

涙目やまばたきでの摩擦、アレルギー等で目に触れる回数が多い、目を触る癖がある等、原因は様々ですが、せっかく綺麗に仕上がったメイクがヨレてしまうのは、とても残念な事ですよね。

そこで今回は、崩れにくくする涙袋メイクの方法を紹介します。

用意する物

  • アイシャドウベース

    アイシャドウを塗る前にベースを仕込む事により、アイシャドウの密着度が上がり、色飛びやヨレを防ぐ事が出来ます。

    発色も良くなる為、涙袋だけではなく、上まぶたにもアイシャドウ前に塗布するのがオススメです。

  • フェイスパウダー

    フェイスパウダーは油分等を吸収してくれる役目があるので、油分等が溜まりがちな目元がヨレにくくなります。

    色の付かない物がオススメです。

    色付きの物だと、アイシャドウやアイラインの発色が薄くなってしまいますが、無色のサラサラになるだけのタイプの物を使用すると、アイシャドウ、アイラインの邪魔をする事がありません。

  • メイクスポンジ
  • アイシャドウブラシ
  • 大きめのメイクブラシ
  • 綿棒

崩れにくくする涙袋メイクの手順

  1. スキンケアを終わらせた後、まつ毛のキワ等に溜まっている余分な水分や油分を、綿棒で優しく拭き取ります。

    スキンケア用品には油分が多く混ざっている為、これを取り除かないとコスメと混ざり合い、ヨレる原因になってしまいます。

  2. リキッドファンデーションやコンシーラーでベースを終わらせます。

    目元はまばたきをする為よく動くパーツになります。

    厚塗りにしてしまうと、目元のシワに溜まってしまい汚くなってしまうので、薄塗りを意識しましょう。

  3. メイクスポンジに多めのフェイスパウダーを取り、下まぶたに塗布し、数分放置します。

    フェイスパウダーをササっと塗った時より、ファンデーションやコンシーラーとの密着度が上がり崩れにくくなります。

  4. 数分後、大きめのメイクブラシで余分なフェイスパウダーをはらいます。
  5. アイシャドウベースを下まぶたに塗布します。

    厚塗りをしてしまうとかえってヨレる原因になってしまうので、全体的に薄く塗るようにしましょう。

  6. 普段のメイク通りに涙袋メイクをします。

  7. アイシャドウブラシにフェイスパウダーを取り、涙袋メイクの上から軽く塗布して完成です。

    色が付かないタイプのフェイスパウダーを持っていない場合は、この工程は省いても問題はありません。

    色が付かないタイプの物でも、たくさん塗ってしまうと粉っぽさが出てしまうので、ササっと軽く塗る程度にして下さい。

最後に

下まぶたが時間が経つと崩れてしまうと悩んでいた人、いかがでしたか?

綺麗に出来たメイクはずっと綺麗なままで一日を過ごしたいですよね。

特に難しい事はなく、少し手間をかけるだけで簡単に長時間ヨレにくくする事が出来るので、崩れで悩んでいた人は、ぜひ一度この方法を試してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
涙袋の作り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント