タレ目っぽく見せるポイントは涙袋!作り方・書き方・メイク

haruharu
美容

皆さんタレ目メイクをする時、まず初めに思い浮かぶ手段が、目尻のアイラインをタレさせる事ではないでしょうか。

しかし、目の形に反したアイラインの引き方をしてしまうと、目のバランスが悪くなり、不自然になってしまいますよね。

そんな人にオススメなのが、涙袋メイクです!涙袋メイクの仕方次第で、タレ目に見せる事が出来ます!

そこで今回は、タレ目に見せる涙袋の作り方を紹介します。

用意する物

  • アイシャドウ

    肌馴染みの良いベージュ系のアイシャドウがオススメです。

    白アイシャドウでも問題はありませんが、派手な印象や、肌の色によっては白浮きしてしまい不自然さが出てしまう場合があるので、ナチュラルに仕上がりやすい明るめのベージュやピンクベージュをオススメします。

  • アイブロウペンシル

    肌色より少し暗めのカラー、芯は硬めを選ぶようにしましょう。

    暗すぎるカラーは肌色と馴染ます、影というよりクマのようになってしまう可能性があります。

    柔らかい芯の物だと、少し力を入れただけでも色がベタッと濃くつきやすいのですが、硬めの芯を選ぶ事により、少し力を入れ過ぎてしまっても、濃く描きすぎてしまうのを防ぐ事が出来ます。

  • ハイライト

    普段お使いになっているハイライトで問題ありません。

  • 小さめの平筆

涙袋メイクの手順

  1. 上まぶたのアイメイクを終わらせた所から始めます。

    アイラインは少しタレさせる程度が、ナチュラルにタレ目に見せる事が出来ます。

  2. 涙袋の影を描く場所を決める為、微笑むもしくは、顔をしかめます。

    この時に出来るくぼみが、涙袋の正しい位置です。

    どこに影を描いていいのか分からない人は、この方法で確認すると左右バラバラになってしまう事を防ぐ事が出来ます。

  3. 涙袋のくぼみにアイブロウペンシルで、黒目の中央から目尻にのみ影を描きます。

    目頭の方には描かないのがタレ目に見せるポイントです。

    目尻側にのみ影を描く事で、目尻が強調されタレ目に見せる事が出来ます。

  4. 小さめの平筆で、先程描いた涙袋の影をぼかします。

    小さめの平筆がない場合は、アイブロウパウダーの付属品のブラシで代用出来ます。

    この時、爪等の硬い物でぼかす人もいますが、肌を傷つけてしまったり、怪我の原因になるので、必ずブラシを使ってぼかすようにして下さい。

  5. アイシャドウを涙袋全体に塗布します。

    涙袋のくぼみに描いた影に被らないように塗布して下さい。

  6. 頬に三角形のようにハイライトを塗布して完成です。

    頬にハイライトを塗る事により、陰影がはっきりとし、涙袋を強調させる事が出来ます。

    涙袋のくぼみに描いた影に被らないように塗布して下さい。

  7. 物足りないと感じる人は、目尻にブラウンアイシャドウを少し塗布して下さい。

    広範囲塗り過ぎてしまうと、不自然なので、少しだけ塗るのがポイントです。

  8. 最後に

    涙袋メイクでタレ目に見せる方法でしたが、いかがでしたか?

    上アイラインだけでは上手くタレ目に見せる事が出来なくても、目尻に影を足すだけで簡単にタレ目に見せる事が出来ます。

    誰でも簡単に真似する事が出来るので、タレ目メイクをしたいと思っている人は、ぜひ一度試してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
涙袋の作り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント