かっこいい目元に変身!つり目にするやり方・アイメイク

mikamika
メイク

今回はかっこいい目元に仕上がる、つり目メイクのやり方についてご紹介致します。

切れ長でクールなつり目はかっこ良いですよね。リキッドアイライナーを使えば、そんなかっこいいつり目に仕上げることが出来ます。

やり方やコツを詳しくお伝え致しますので是非参考にしてみてください。

【用意するの】

アイメイク

  • ベージュのアイシャドウパレット

    *ラメとブラウンやゴールドベージュ系の肌馴染みの良いアイシャドウを選びます。肌馴染みの良いアイシャドウを選ぶことで自然に陰影を付けることが出来ます。

  • ペンシルアイライナー

    *自然と目元を大きくみせることが出来るインラインを引く際に使用します。

  • リキッドアイライナー

    *ペンシルアイライナーよりも色がはっきりと出るのが特徴です。つり目メイクでは必須アイテムです。ブラックのカラーを選ぶとよりクールではっきりとした目元に仕上げることが出来ます。

  • ロングタイプのマスカラ

    *ロングタイプのマスカラを選ぶことでスッキリとしたかっこいい目元を作ることが出来ます。

  • ビューラー
  • マスカラコーム

アイブロウ

  • アイブロウペンシル

    *眉の輪郭や毛量が足りない部分に描き足す際に使用します。ペン先が細いアイブロウペンシルを選ぶと細かい部分も綺麗に描くことが出来ます。

  • アイブロウパウダー

    *眉全体に色味を付けたり、色味をぼかす際に使用します。アイブロウパウダーを使うことで眉全体の色味が馴染み、自然なアイブロウに仕上げることが出来ます。

  • アイブロウマスカラ

    *自眉と眉の色味を馴染ませる際に使用します。ご自身のヘアカラーと近いものを選ぶと自然な印象になります。

  • スクリューブラシ

【アイメイクの手順】

アイシャドウを塗る

  1. アイシャドウパレットのハイライトカラーを付属の太いチップに取り、アイホール全体に塗布します。

  2. ミディアムカラーを付属の太いチップに取り、アイホールの半分の位置まで塗布します。

    *ミディアムカラーを二重幅よりもやや広めに塗布し、クリース部分(目の窪み)に色が濃く乗るように塗ると立体的な目元になり、つり目メイクと相性が良いです。

  3. ミディアムカラーを下瞼の目尻から黒目の外側まで塗布します。

    *ミディアムカラーで少し目を囲い、かっこいい目元を作ります。

  4. ダークカラーを付属の細いチップに取り、目のキワに塗布します。

    *目尻から目頭の順に塗り、目尻側が濃くなるように塗ると、更に立体感が増します。

  5. ダークカラーを付属の細いチップに取り、下瞼の目尻1/3に塗布します。
  6. ハイライトカラーを付属の細いチップに取り、下瞼全体に塗布します。

アイラインを引く

  1. ペンシルアイライナーを使い、睫毛のキワにインラインを描きます。

  2. リキッドアイライナーで黒目の上から目尻に向かい、3~4mm程長めに跳ね上げラインを描きます。

    *跳ね上げラインの角度が難しい場合、目尻と眉尻を結び、その角度を意識しながら描いていくと綺麗な跳ね上げラインを描くことが出来ます。

  3. リキッドアイライナーで目頭に切開ラインを入れます。

    *切開ラインを入れることで目頭が少し下に下がって見えるので目尻側が上がり、よりつり目にみせることが出来ます。しっかりと入れてしまうと不自然な印象になってしまうので、リキッドアイライナーのブラシの先端を使い、1mm程度の細いラインを描いていきます。

マスカラを塗る

  1. ビューラーで睫毛の根元から、中間、毛先の順にをしっかりと挟み、綺麗なカールを作ります。

  2. 目尻のみ、再度2~3回挟みます。

    *目尻にカールを付ける際、外に逃がすようにビューラーを動かすと睫毛が横に広がり、切れ長のクールな目元に仕上がります。

  3. マスカラコームで睫毛をとかします。
  4. 上睫毛にマスカラを塗布します。

    *マスカラを根元にしっかりと当て、毛先に向かいスッと力を抜くように塗っていきます。

  5. 目尻側に再度マスカラを塗布します。

    *上に向かってブラシを動かすのではなく、横に向かってブラシを動かすことで、切れ長の目元を演出することが出来ます。

  6. 下睫毛にもマスカラを塗布します。

アイブロウを描く

  1. スクリューブラシで眉毛の毛流れを整えます。
  2. アーチ眉を意識しながらアイブロウペンシルで眉山から眉尻を描きます。

    *いつもより眉山の位置をやや高めに設定するとアーチ眉が描きやすいです。

  3. 眉頭側1cm位を空け、アイブロウペンシルで眉の輪郭を描きます。

    *眉頭をアイブロウペンシルでしっかりと描いてしまうと眉の存在感が強調されてしまい、不自然な仕上がりになってしまいます。眉頭から1cm空けたところから描くことで失敗しにくくおすすめです。眉下のラインを丁寧に描くと眉全体が綺麗にみえます。

  4. アイブロウパウダーの濃い色を付属の細いブラシに取り、眉尻に重ねます。
  5. アイブロウパウダーの中間色を付属の太いブラシに取り、先程描いた輪郭の中を埋めます。

    *この時も眉頭1cmは空けた状態で塗っていきます。

  6. アイブロウパウダーの明るい色を付属の太いブラシで眉頭に塗布します。
  7. アイブロウパウダーの明るい色でノーズシャドウを描きます。

    *ノーズシャドウを入れることで立体感が増し、よりかっこいい印象になります。

  8. アイブロウマスカラを眉全体に塗布し、完成です。

【まとめ】

今回はつり目にみえるアイメイクのやり方についてご紹介致しました。

ポイントは目尻からリキッドアイライナーでしっかりと跳ね上げることです。アイライナーの入れ方で目元の印象が全然違ってみえるので、クールなつり目メイクに挑戦したい方は是非、お試しください!

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント