面接で好印象!就活メイクにオススメな眉毛・アイブロウの書き方

haruharu
美容

面接時に印象を左右する眉毛。眉毛の形や角度が変わるだけで、印象がガラッと変わります。

しかし就活メイクにピッタリな眉毛と言われても、イマイチどのような形がいいのか分からないですよね。

そこで今回は、就活メイクにオススメな眉毛の描き方を紹介します。

用意する物

  • アイブロウペンシル
    ダークブラウン、グレー系のブラウンがオススメです。

    就活時は、黒髪等の暗いカラーだと思うので、明るいカラーは浮いてしまい、アンバランスな顔になっていしまいます。

    黒髪だから眉毛もブラックと思う人もいるとは思いますが、ブラックを使ってしまうと、重たく暗い印象を与えてしまう可能性があります。

    髪色より少し明るいカラーを使う事によって、抜け感が出て、明るく元気な印象を与える事が出来ます。

  • アイブロウパウダー
    こちらもペンシルと同様、ダークブラウン、グレー系のブラウンがオススメです。

    就活メイクはナチュラルメイクが鉄則なので、パウダーだけで仕上げる事も可能です。ただし、自眉毛が薄い人や、あまり生えていない人は、ペンシルも併用して描いた方が綺麗に仕上がります。

  • スクリューブラシ

眉毛を描く手順

  1. スクリューブラシで毛並みを整えます。
  2. アイブロウペンシルで眉山から眉尻にかけて輪郭を描きます。

    眉山の高さが眉頭と同じ高さや、眉頭より下にならないよう設定すると、平行眉や下がり眉になるのを防ぐ事が出来ます。

    骨格に合ったナチュラルな形が一番ですが、少し角度のある眉にするのが、さらにオススメです。角度をつける事によって、知的なキリッとした印象を与える事が出来ます。

    今トレンドの平行眉にしてしまうと、情けない印象や弱々しく見えてしまうので、オススメしません。

  3. アイブロウパウダーの一番濃いカラーを細いブラシの方にとり、眉尻に描いた輪郭の中を埋めるように塗布します。

    使うカラーが濃いので、たくさん塗ってしまうと、濃くなり過ぎてしまう可能性があります。

    色味を確認しながら塗るようにしましょう。

  4. アイブロウパウダーの中間のカラーを細いブラシの方にとり、眉中央に塗布します。

    この時、ストレート気味に描くようにしましょう。丸みのある眉にしてしまうと可愛らしく見えてしまうので、知的に見せるにはストレートな形がオススメです。

    少し太めに描くのもオススメです。太めに描く事によって、落ち着いた大人っぽい印象になります。

  5. パウダーは追加せず、ブラシに残っているパウダーで眉頭を描きます。

    就活メイクではナチュラルに仕上げるというのを重要視しているため、パウダーは足さず、残ったパウダーだけで軽く色をのせるのがポイントです。

  6. アイブロウペンシルでムラになっている所に、毛を一本一本描くように描き足したら完成です。

最後に

就活メイクで困っている人、いかがでしたか?

眉毛の形だけで、与える印象が変わるというのが分かっていただけたでしょうか。

普段の眉毛の描き方とは意識するところが変わってくるので、慣れない描き方で難しく感じるとは思いますが、面接までにマスターして、面接に挑んで下さい。

美容
Howpon[ハウポン]

コメント