上手く挟めない下まつ毛の三種類のビューラーのやり方・コツ

haruharu
美容

下まつ毛にビューラーを使おうとして上手く挟めず諦めた人、結構多いのではないでしょうか。

上まつ毛と比べると短く挟みにくいですよね。

そして無理に下まつ毛を挟もうとすると、まぶたを一緒に挟んでしまいそうで怖いですよね。

今回は、上手く挟めない下まつ毛の三種類のビューラーのやり方とコツを紹介します。

下まつ毛をカールさせる三種類の方法

ビューラーを使う

まず全体用ビューラーを使う方法を紹介します。

  1. 利き手でビューラーを逆さに持ちます。
  2. まつ毛の根元を挟み力を加えます。この時まぶたを挟まないよう注意して下さい。

    まつ毛を挟む時、利き手とは反対の手で下まぶたを軽く下に引っ張りながらやると挟みやすいです。

  3. 挟む位置を中間辺りにずらします。
  4. 軽く力を加えたら完成です。

部分用ビューラーを使う

分割しながら細かく出来るので、下まつ毛にビューラーをするのが初めての人にはとてもやりやすい方法です。

  1. 利き手で部分用ビューラーを逆さに持ちます。
  2. 目尻のまつ毛の根元を挟み力を加えます。この時まぶたを挟まないよう注意して下さい。

    まつ毛を挟む時、利き手とは反対の手で下まぶたを軽く下に引っ張りながらやると挟みやすいです。

  3. 挟む位置を中間辺りにずらし、軽く力を加えます。
  4. この工程を残りの中央、目頭の下まつ毛に行えば完成です。

ホットビューラーを使う

やっぱり普通のビューラーでやるのは苦手!という人には、ホットビューラーでやるのがオススメです。

  1. 目尻のまつ毛の根元にホットビューラーを当てます。
  2. そのままマスカラを塗るように毛先に向かってゆっくり滑らせます。
  3. この工程を残りの中間、目頭の下まつ毛に行えば完成です。

    普通のビューラーでやるのが苦手という人にオススメなのですが、火傷の恐れがあるので、ホットビューラーを使う場合は十分に気を付けて行ってください。

最後に

三種類の方法を紹介しましたが、やりやすい方法はありましたか?

慣れてないとどの方法もやりにくいとは思いますが、練習してコツさえ掴めば簡単に出来ます。

注意としては、下まつ毛は上まつ毛より繊細で、少しの力加減でまつ毛が抜け落ちてしまうので、力を入れ過ぎることなく様子を見ながら行ってください。

この記事のテーマに戻る
マスカラの塗り方/コツ/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント