ぱっちり二重をさらにデカ目に見せるアイシャドウの塗り方・メイク

haruharu
美容

ぱっちりと大きく魅力的な二重は、多くの女性の憧れではないでしょうか。

そんな目元をさらにぱっちりとデカ目に見せる事が出来たら嬉しくはありませんか?

今回はぱっちり二重をさらに魅力的に、デカ目に見せるアイシャドウの塗り方を紹介します。

用意する物

  • ブラウンアイシャドウ(ミディアムカラーとアクセントカラー)
  • ハイライトカラー
  • アイシャドウブラシもしくはチップ(指でもOK)

アイシャドウを塗る手順

  • ハイライトカラー…左のカラー
  • ミディアムカラー…中央のカラー
  • アクセントカラー…右のカラー
  1. アクセントカラーを二重幅より少し内側まで塗布します。

    広く塗り過ぎてしまうと、派手な目元になってしまうので注意して下さい。

    もし薄く感じた場合、後から少し足すぐらいの感覚で大丈夫です。

  2. ミディアムカラーをアイホール全体に塗布します。

    この時、アクセントカラーをぼかしつつ、綺麗なグラデーションになるよう塗布していきます。

    アイシャドウを塗った所と塗ってない所の境目がはっきりしていると綺麗に見えないので、何もついてないアイシャドウブラシでぼかすか、ハイライトカラーでぼかす事をオススメします。

    最初から綺麗にぼけている場合は、この工程は省いて大丈夫です。

  3. ②によって①で塗布したアクセントカラーが薄くなり過ぎた場合、ここで様子を見ながらアクセントカラーを追加で塗布しましょう。
  4. 下まぶたの目頭側1/3の辺りにハイライトカラーを塗布してアイシャドウは完成です。

    この時、明るさを少し足すぐらいの感覚で大丈夫です。

    上まぶたが少し濃いめな分、下まぶたをシンプルにすることによって、派手になり過ぎず丁度いいバランスになります。

  5. アイライナー、マスカラを塗って完成がこちらです。

    アイシャドウが少し濃いめなので、アイライン、マスカラはシンプルなくらいが丁度いいです。

    アイラインは目のキワに細めに引き、目尻より先は引かず目幅までにし、引いたアイラインは上からアクセントカラーでぼかします。

    ぱっちり二重の人は太めのアイラインや、オーバーライン、引いたアイラインがくっきりとしていたりすると、メイクが濃く見えがちなので、最後にぼかす事で存在感が薄くなり、濃い印象が和らぎます。

    マスカラはボリュームタイプで、目の輪郭を少しはっきりさせる程度で大丈夫です。

    ロングタイプで長く見せてしまったり、ボリュームタイプで存在感を出し過ぎてしまうと、とても派手な印象になってしまいます。

最後に

多くの女性が憧れるぱっちり二重を、さらに魅力的にデカ目に見せる方法でしたが、いかがだったでしょうか。

派手になりがちなぱっちり二重ですが、足し算引き算でバランスの取れた目元になれます。

濃くすると派手になるからと、薄めのメイクをしている人もいると思いますが、1度この方法を試してみて下さい。

たまには、ぱっちりな目元を全面に出してお出かけしてみるのもいいのではないでしょうか。

この記事のテーマに戻る
アイシャドウの塗り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント