黒髪でも大丈夫!イエベにぴったりな垢抜け毎日アイメイク方法

haruharu
メイク

イエローベースの方で、黒髪だとなんだか垢抜けない。と思っている方はいませんか?

一般的には黒髪が似合うのはブルーベースと言われることが多いですよね。それは黄みを得意とするイエローベースには、ブラックカラーはあまりマッチせず、重い印象を与えてしまったり、お肌がくすんで見えてしまいがちなのが原因。

しかしイエローベースの方もメイクの仕方次第で、黒髪でも何の問題もなくくすみや重みを感じさせない垢抜け顔になることが出来ます!

そこで今回は、黒髪イエローベースさんにぴったりな垢抜けメイク方法についてご紹介します。

【用意するもの】

  • アイブロウペンシル

    ☆アイブロウカラーは基本的には髪色に合わせて選びますが、今回は抜け感を出すためにダークブラウンをご用意ください。

    イエローベースの方が髪色に合わせてブラックカラーを選んでしまうと、黒髪で重い印象になっているところへ、さらに重みを追加してしまう形になってしまうので、より垢抜けない印象になってしまいます。

  • アイブロウパウダー

    ☆アイブロウペンシルと同様に、ダークブラウンのものをご用意ください。

    3色以上で構成されているパレットのものをご用意いただくと、グラデーションが作りやすいです。

  • オレンジ、またはオレンジブラウンアイシャドウ

    ☆イエローベースと相性が抜群なオレンジ系のアイシャドウがオススメです。

    どちらのカラーでも問題ありませんが、スプリングタイプの方はオレンジアイシャドウ、オータムタイプの方はオレンジブラウンアイシャドウのように使い分けると、さらに抜け感を演出できます。

    今回は単色でグラデーションを作るので、グラデーションが作りやすい少しはっきりと発色するものをご用意ください。

  • ホワイト系のアイシャドウ

    ☆パール系のものがオススメです。コントゥアリングに使うハイライトカラーでも大丈夫です。

  • マスカラ

    ☆ブラックカラーのロングタイプをご用意ください。

    目元をよりはっきりさせることが出来るボリュームタイプもありますが、目元を強調しすぎてしまうので、ナチュラルな仕上がりになるロングタイプがオススメです。

  • ビューラー

【アイメイクの手順】

  1. アイブロウペンシルで眉尻を描きます。

    ☆黒髪イエローベースの方は、黒髪に負けないよう眉毛をしっかりめに描くのがポイントです。ナチュラルに仕上げた方がいいのではないかと感じる方もいらっしゃると思いますが、ナチュラルに仕上げてしまうと黒髪の色味に負けてしまい、お顔全体がぼやけた印象になってしまいます。

    ☆眉尻の描き終わりは、シュッと細めに仕上げましょう。

  2. アイブロウパウダーの中間色を付属の細いブラシに取り、眉毛中央に塗布します。

    ☆先ほどの眉尻が一番濃くなるようにグラデーションを作ります。上手くグラデーションにならない場合は、中間色と暗い色や明るい色を混ぜて丁度いい濃さに調節してから塗布してください。

  3. アイブロウパウダーの明るい色を付属の太いブラシに取り、眉頭に塗布します。

    ☆眉頭が濃いと不自然な仕上がりになってしまうので、濃くなりすぎてしまった場合はスクリューブラシなどで眉頭のみをぼかしてください。

    ☆アイブロウカラーに対して自眉毛が濃く目立ってしまう場合は、アイブロウマスカラを塗布するのがオススメです。

  4. オレンジ系のアイシャドウをアイホール全体に薄めに塗布します。

    ☆アイホールとは眉下にあるくぼみまでのことを言います。指で確認すると位置が分かりやすいので、アイホールが分からない方は一度確認してから塗布することをオススメします。

    ☆境目がはっきりとしてしまった場合は、指の腹で軽く馴染ませるか、何もついていないアイシャドウブラシで馴染ませてください。

  5. 同じアイシャドウを二重幅までと、下瞼の黒目の下から目尻に塗布します。

    ☆単色でグラデーションを仕上げる時は、アイホール全体に塗布した量よりも少し多めに塗布することで、綺麗なグラデーションに仕上がります。

    ☆横長の印象の目元にしたい方は、目尻から目頭に向かってグラデーションになるように、目尻に多めに塗るのがオススメです。

  6. ホワイト系のアイシャドウを涙袋に塗布します。

    ☆涙袋にホワイトカラー(ハイライトカラー)を塗布することで、涙袋をぷっくり見せることができ可愛らしい印象になります。さらにデカ目に見せる効果もあります。

  7. ビューラーで睫毛を上げます。

    ☆この時、根元だけを挟むのではなく、根元・中間・毛先の三段階に分けて挟みましょう。横から見た時も不自然にならず綺麗なカールに仕上がります。

  8. 上下の睫毛にマスカラを塗布して完成です。

    ☆根元はたっぷりと塗り、毛先の方に向かっては一度塗り程度の量を塗るようにしましょう。根元に多めに塗ることでアイラインの代わりになってくれます。全体にたっぷりと塗ってしまうと抜け感がなくなってしまうので、毛先の方はナチュラルに仕上げるのがオススメです。

    ☆下睫毛が塗りにくい場合は、ブラシの先端を使うと塗りやすくなります。

【最後に】

今回は、野暮ったく見えがちな黒髪イエローベースの方の垢抜けアイメイク方法のご紹介でした。

アイラインなしのメイク方法でしたが、物足りないと感じる方はブラウンのアイライナーで目尻にのみ描いてみるのもオススメですよ。

今まで黒髪でイマイチ垢抜けないなと悩んでいた方や、そのせいで黒髪を避けていた方は、ぜひ今回の記事を参考に黒髪デビューをしてみてはいかがでしょうか。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント