ブルベにオススメな春にぴったりなアイシャドウを使ったメイク方法

haruharu
メイク

ブルーベースといえば青みカラーやくすみカラーが似合うというイメージがありますよね。そのため淡く可愛らしいイメージの春の季節に、どのようなカラーを使ってメイクをすればいいのか分からないと悩むことはありませんか?

春はやはりくすみカラーなどを使ったかっこいいメイクではなく、明るくポップなカラーで可愛らしいメイクを楽しみたいですよね。

そこで今回は、ブルーベースの方にオススメな春メイクにぴったりなアイシャドウを使ったメイク方法についてご紹介します。

【用意するもの】

  • アイシャドウ

    ☆ブルーベースの方に春にオススメしたいアイシャドウのカラーは、ピンク系やパープル系、ミントグリーンのようなグリーン系です。

    春といえばピンクメイクを連想する方が多いと思うので、今回はピンク系のアイシャドウを使用します。今回のアイシャドウのような、ピンクだけではなくラベンダーカラーも入っているアイシャドウパレットを使うことで、可愛らしさと大人っぽさを演出することが出来ます。

    サマータイプ、ウィンタータイプどちらの方にも似合うカラーになっています。

    ピンク系は瞼が腫れぼったく見えるから苦手という方は、グリーン系がオススメです。グリーン系はイエローベースの方に似合うイメージがあると思いますが、ブルーベースの方にも使いやすい青みを感じられるカラーが多数発売されているので、グリーン系を使いたいという方はご自身に似合うカラーを見つけてみてください。

    グリーン系の場合は、単色で使うより他のカラーと組み合わせて使うのがオススメです。

  • ペンシルアイライナー

    ☆目元を強調しつつ柔らかい印象に見せてくれるペンシルタイプがオススメです。カラーはブラックをご用意ください。

    リキッドアイライナーの場合、目元をしっかりと強調をしてくれたり、細い線を描くのにはとても適していますが、ナチュラルに仕上げるためのぼかしなどはしにくく、扱いが難しいので春メイクのような柔らかい印象に仕上げる時には、あまり適さないアイテムです。

  • マスカラ

    ☆繊細な睫毛に仕上げることが出来るロングタイプをご用意ください。ボリュームタイプのマスカラの場合、睫毛の主張が強くなりすぎてしまい、春には少し重たい印象を与えてしまう可能性があります。

    今回はブラックカラーを使用しますが、カラーメイクを楽しみたい方などはバーガンディーカラーなどのカラーマスカラもオススメです。カラーマスカラを使うことで、さらに春らしくパッと華やかな目元を演出することが出来ます。

  • ビューラー

【春メイクの手順】

  1. アイシャドウパレットの左上のカラーを、アイホール全体に塗布します。

    ☆ベースカラーとしてハイライトカラーを塗ることでグラデーションが作りやすくなるだけではなく、瞼の色ムラなども補正してくれるので、とても重要な工程になります。

    ☆アイホールとは眉下にあるくぼみまでのことで、場所が分からないという方は、指の腹で眉下にあるくぼみを確認しながら塗布してください。確認しながら少しずつ塗ることで塗りすぎてしまったり、塗り足りなかったりの失敗をしにくくなります。

  2. アイシャドウパレットの左下のカラーを、アイホールの約1/2の位置まで塗布します。

    ☆目を開けた時に二重幅から薄っすらはみ出す程度が丁度いい広さです。

    ☆ピンク系のカラーは瞼が腫れぼったく見えてしまう可能性があるので、広範囲塗りすぎてしまわないよう注意してください。

    ☆グラデーションが上手く出来ていない場合は、何もついていないアイシャドウブラシで境目をなぞるように数回往復させると綺麗にぼかすことが出来ます。

  3. アイシャドウパレットの右下のカラーを、アイホールの目尻側と下瞼の1/3の位置まで塗布します。

    ☆目尻側にアクセントカラーを塗布することで、ピンクカラーによる腫れぼったさを軽減させながら、目の横幅を広く見せることが出来ます。

    ☆アイシャドウは一番初めに乗せたところが一番強く発色します。そのため目尻が一番濃くなるように、目尻から目頭に向かって塗布するようにしてください。

    ☆先ほどと同様に、グラデーションが上手く出来ていない場合は、何もついていないアイシャドウブラシで境目をぼかしましょう。

  4. アイシャドウパレットの右上のカラーをアイホール全体に重ねて塗布し、下瞼の涙袋にも塗布します。

    ☆上からラベンダーカラーを塗布することで、さらに春らしい華やかな目元に仕上がります。さらにグラデーションが上手く出来ていない場合でも境目をごまかし綺麗に見せることが出来るので、グラデーションが苦手な方はぜひ試してください。

    ☆ブルーベースと相性の良いラベンダーカラーを涙袋に塗布することで、目元を明るく見せることが出来ます。

  5. ペンシルアイライナーでアイラインを引きます。

    ☆この時、睫毛の隙間や粘膜が気になる方はインラインも引いてください。

    ☆目尻は目幅までか、少し延長させる程度にしましょう。目尻を引く時は、目尻の皮膚を少し引っ張りながら行うと引きやすくなるのでオススメです。

    ☆ナチュラルに仕上げたい方は、引き終わった後に綿棒でぼかすのがオススメです。

  6. ビューラーで根元からしっかりと睫毛をカールさせます。

    ☆根元・中間・毛先の三段階に分けて行うと、横から見た時も綺麗な睫毛に仕上がります。毛先に向かってダメージを受けやすくなるので、徐々に力を弱めて挟むようにしてください。

  7. 上下の睫毛にマスカラを塗布して完成です。

    ☆根元はブラシをギザギザと動かし、毛先に向かっては毛流れに沿って動かすと、アイライン効果を出しつつ繊細な睫毛に仕上げることが出来ます。

    ☆一度塗り程度の自然な睫毛がオススメです。長さを出すために重ね塗りをする場合は、毛先にのみ軽く塗布する程度にしましょう。

【最後に】

今回は、ブルーベースの方にオススメなアイシャドウを使った春メイクのご紹介でした。

ご紹介したのは同系色でまとめたメイクでしたが、ピンクとグリーンやピンクとブルーのような二色を使ったメイクもとても可愛らしく春メイクにオススメです。

ピンクカラー以外にも春にピッタリなカラーはたくさんあるので、様々なカラーで春メイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント