ピンクアイシャドウで大人っぽく見せる塗り方・メイク

haruharu
美容

可愛らしい印象の『ピンクアイシャドウ』。

自分には可愛らしすぎる。似合わない。買ってみたけど勇気がいる。と諦めている人も多いのではないでしょうか。

ピンクアイシャドウに1色プラスするだけで、誰でも簡単に大人ピンクアイになる事が出来ます。

今回は、ピンクアイシャドウで大人な目元になる塗り方を紹介します。

用意する物

  • ピンクアイシャドウ
  • ブラウンアイシャドウ(アクセントカラーに使える少し濃いめのもの)
  • アイシャドウブラシもしくはチップ(指でもOK)

今回は大人な目元がテーマなので、アイシャドウは真っピンクではなく、少しくすみがかったカラーを選びました。

濃くなり過ぎるのを避けるために、アイシャドウブラシで塗布する事をオススメします。

ピンクアイシャドウを塗る手順

  • ハイライトカラー…左パレットの左上のカラー
  • ミディアムカラー…左パレットの右上のカラー
  • アクセントカラー…右パレットの右のカラー
  1. ピンクアイシャドウパレットの左上のカラーをアイホール全体に塗布します。

  2. ピンクアイシャドウパレットの右上のカラーをアイホールの2/3辺り(目を開けた時に二重幅から少しはみ出る位)まで塗布します。

    この時、あまり濃く塗り過ぎてしまったり、広く塗り過ぎてしまうと瞼が腫れぼったく見えてしまうので注意が必要です。

  3. アクセントカラーにブラウンアイシャドウを、目尻側が一番濃くなるように塗布したらアイシャドウは完成です。

    本来ならばアクセントカラーもピンクを使うと思うのですが、ブラウンアイシャドウに変えるだけで、一気に目元が引き締まり、可愛らしさではなく大人らしさを演出する事が出来ます。

    ピンクアイシャドウとブラウンアイシャドウの色味が合わないような気がしたら、2色を混ぜてから塗るのをおススメします。

  4. アイライナー、マスカラを塗って完成がこちらです。

最後に

難しいと思われがちなピンクアイシャドウですが、いかがだったでしょうか。

アクセントカラーで使うカラーを変えるだけで、誰でも出来る大人ピンクアイに早変わりです。

苦手だと思っていた人は是非この方法で克服し、ピンクアイシャドウを楽しんでみてください。

この記事のテーマに戻る
アイシャドウの塗り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント