目元の印象が変わる4パターンのアイシャドウの塗り方紹介・メイク

haruharu
美容

アイシャドウの塗り方ひとつでも、様々な塗り方がありますよね。

可愛らしく見えたり、大人っぽく見えたりと、塗り方で目元の印象はガラッと変わります。

『なんとなくアイシャドウは塗っているけど、自分に似合っているのか分からない。』

『どんな塗り方があるのか分からない。』

こう思っている人も少なくはないのではありませんか?

今回は、アイシャドウの塗り方4パターンを紹介します。

アイシャドウの4パターンの塗り方

横割りグラデーション

横割りグラデーションとは、目のキワが1番濃く発色していて、上に向かって薄くなっていくグラデーションの事です。

2色~3色で作り上げるのが主流だと思います。

この塗り方が一般的で簡単な塗り方ではないでしょうか。

多くの人がこの塗り方をしていると思います。

縦長に見せる効果があり、元々ぱっちり二重の人や、可愛らしく見せたい、丸い印象の目元を作りたい人にオススメです。

詳しい塗り方手順が知りたい人はこちらの『いつでも使えるブラウンアイシャドウの基本の2種類の塗り方・メイク』をご覧ください。

縦割りグラデーション①

縦割りグラデーションとは、目尻が1番濃く発色していて、目頭に向かって薄くなっていくグラデーションの事です。

2色~3色で作り上げるのが主流だと思います。

この塗り方も、先程の横割りグラデーションと同様に、一般的な塗り方です。

慣れてしまえば簡単ですが、普段横割りグラデーションをしている人には、少し難しく感じるかもしれません。

横長に見せる効果があり、一重・奥二重の人や、クールに綺麗に見せたい、切れ長な印象の目元を作りたい人にオススメです。

詳しい塗り方手順が知りたい人はこちらの『『ちふれ』アイシャドウ73番を使ったグラデーションの塗り方・メイク』をご覧ください。

縦割りグラデーション②(ヘイローアイズ)

縦割りグラデーション②とは、ヘイローアイズとも呼ばれており、目頭と目尻が1番濃く発色していて、両端から中央に向かって薄くなっていくグラデーションの事です。

この塗り方は、海外発祥のグラデーション方法です。

SNSや雑誌等で見たことがあるかもしれませんが、いざ自分がやると思うと難しい印象や、普段使いしにくいイメージがありますよね。

しかし思っているよりも簡単で、2色あれば作る事が出来、色味や濃さを調節すれば誰でも出来てしまいます。

立体的に見せる効果があり、どんなまぶたの人にも似合い、外人風メイクやハーフ風メイクをしたい人にオススメです。

詳しい塗り方手順が知りたい人はこちらの『簡単にできる「縦割り」グラデーションの基礎の塗り方・メイク』をご覧ください。

カットクリース

カットクリースとは、目のくぼみに合わせてアイシャドウで陰影をつけて、二重ではなく二重の上の目のくぼみを強調させるメイクの事です。

この塗り方は、海外でよく使われている方法の1つです。

なかなか試す機会がないかもしれませんが、色味や濃さを調節すれば普段からすることが出来ます。

ホリ深く見せる効果があり、どんなまぶたの人でも二重があるように見せる事が出来、コスプレをする人や外人風メイクやハーフ風メイクをしたい人にオススメです。

詳しい塗り方手順が知りたい人はこちらの『海外では当たり前!カットクリースのアイシャドウの塗り方・メイク』をご覧ください。

最後に

自分に似合うアイシャドウの塗り方や試してみたいと思う塗り方はあったでしょうか。

難しそうに見えて意外と簡単なものばかりです。

色々な方法を試してみて、自分に1番似合うアイシャドウの塗り方を見つけてみて下さい。

この記事のテーマに戻る
アイシャドウの塗り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント