イエベ秋(オータムタイプ)にオススメなアイシャドウの塗り方・メイク

haruharu
メイク

最近話題になっている『パーソナルカラー』。自分は何になるのだろうと診断を受けた方やセルフ診断を行った方もいらっしゃると思います。

パーソナルカラーとは大まかにイエベとブルベの二種類に分類されますが、その中でもさらに細かく分類されることをご存知でしょうか?

イエベはスプリングタイプとオータムタイプ、ブルベはサマータイプとウィンタータイプに分けられます。同じイエベやブルベでも、さらに似合うとされているカラーがそれぞれ変わってきます。

ご自身にしっかりと合うカラーを選ぶことで、より垢抜け顔になることが出来ます!

そこで今回は、イエローベースの中のオータムタイプの方に似合うアイシャドウのカラーの選び方や塗り方についてご紹介します。

【用意するもの】

  • アイシャドウ

    ☆イエローベースとは黄みの強いカラーが似合う方のことを言います。同じイエローベースの方でも、スプリングタイプとオータムタイプでは黄みの強いカラーという点は変わりませんが、より似合うカラーが変わってきます。

    オータムタイプの方の場合は、濃いカラーや暗いカラーが似合うとされており、黄みの強いダークブラウンや、ゴールド系のキャメル、ベージュ、紅葉のようなテラコッタ、オフホワイト、カーキなどがオススメなカラーです。

    ゴージャス感の出るラメタイプはもちろん、落ち着いた雰囲気を漂わせるマットタイプもオススメです。

    一方オータムタイプの方が極力避けたいカラーは、青みの強いカラーです。その中でもさらに淡いカラーが苦手とされており、パステル調のラベンダーや青みピンク、ブルーなどを使用してしまうとお肌と馴染まずアイシャドウだけが変に浮いてしまったり、顔色が悪く見えてしまいます。

    その他にもポップなカラーのショッキングピンクなども苦手なカラーなので避けましょう。

  • アイライナー

    ☆目元を強調させるためにブラックを使用している方が大半だと思いますが、ブラックが似合うのはウィンタータイプだけと言われています。

    オータムタイプの方が目元を強調させる場合は、ダークブラウンを使用すると目元だけが浮いてしまうことがなく、こなれ感を演出することが出来ます。

  • マスカラ

    ☆ナチュラルに仕上げたい方はロングタイプ、目元にボリュームが欲しい方はボリュームタイプをご用意ください。

    ブラウンカラーを使う場合は、アイライナーと同様にダークブラウンのような濃いものを選ぶようにしましょう。濃いカラーが似合うオータムタイプの方の場合、ライトブラウンのような明るいカラーを使用してしまうと、色味が負けてしまい目元がぼやけてしまいます。

  • ビューラー

【アイシャドウを塗る手順】

  1. アイシャドウのハイライトカラーをアイホール全体に塗布します。

    ☆アイホールとは瞼を閉じたときに眉下辺りにあるくぼみのことです。アイホールの位置が分からない方は、アイシャドウを塗る前に指の腹で軽く押さえて場所に確認をすると、塗りすぎや足りないということを避けることが出来るのでオススメです。

  2. アイシャドウのミディアムカラーを目頭から目尻に向かって広くなるように塗布し、下瞼の黒目の下から目尻にも塗布します。

    ☆この時、目尻側が一番濃く発色するように目尻から塗り始め、余ったもので目頭側を塗布すると綺麗なグラデーションに仕上がります。

    ☆目尻側は初めに塗ったハイライトカラーからはみ出ないように、少し狭めに塗布しましょう。

    ☆ハイライトカラーとの境目がはっきりしてしまった場合は、何もついていないアイシャドウブラシで撫でるように数回あててぼかします。

  3. アイシャドウのアクセントカラーを上瞼の目尻(二重幅から少しはみ出す程度)と、下瞼1/3の目のキワに塗布します。

    ☆濃くつきすぎてしまったり、境目がグラデーションにならなかった場合は、ミディアムカラーを上から重ねると、色味を抑えつつ綺麗なグラデーションに仕上がります。

  4. アイシャドウのハイライトカラーを下瞼の目頭に塗布します。

  5. リキッドアイライナーで緩やかな跳ね上げラインを引きます。

    ☆アイシャドウが縦割りを意識した塗り方なので、アイラインをタレさせてしまうとアンバランスな目元になってしまいます。

    ☆インラインを引きたい場合は、筆先の細い部分を使うと引きやすいです。

  6. ビューラーで睫毛の根元からしっかりと上げます。

    ☆この時、根元だけを挟むのではなく、根元→中間→毛先の三段階に分けて上げることで、横から見ても綺麗な睫毛に仕上がります。

  7. 上下の睫毛にたっぷりとマスカラを塗布します。

    ☆下睫毛を塗る時は、ブラシの先端を左右に動かしながら全体に塗布し、その後ブラシを横向きにして毛流れを整えるようにすると、短い睫毛にもしっかりとマスカラを塗ることが出来、塗っている最中にお肌に付いてしまうというトラブルも避けることが出来ます。

  8. 上睫毛の目尻側だけマスカラを二度塗りをして完成です。

    ☆目尻側にボリュームを持たせることで、アイシャドウ、アイラインとマッチしてバランスのいい目元に仕上がります。

【最後に】

今回は、パーソナルカラー『オータムタイプ』にぴったりなアイシャドウの塗り方とカラーの選び方についてのご紹介でした。

自分のパーソナルカラーが分かったとしてもどんなカラーを選べばいいのか、どんなメイクが似合うのか分からないことが多いですよね。

そんな方は今回の記事を参考に、ご自身に似合うカラーでメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント