ブルべ冬(ウィンタータイプ)にオススメなアイシャドウの塗り方・メイク

haruharu
メイク

ブルーベースの中でもウィンタータイプと診断された皆さん、青みカラーなら何でも似合うと間違った解釈をしている方はいませんか?

ブルーベース=青みカラーというのは間違いではありませんが、ウィンタータイプが得意・不得意とするカラー、サマータイプが得意・不得意とするカラーはそれぞれ違います。

青みカラーを使っているにもかかわらず、なぜかしっくりこない…と感じている方は、もしかしたら不得意なカラーを使っているのかもしれません。

そこで今回は、ブルーベースのウィンタータイプの方が似合うアイシャドウの選び方と塗り方についてご紹介します。

【用意するもの】

  • アイシャドウ

    ☆ブルーベースの中でもウィンタータイプの方が得意とするカラーは、色彩が鮮やかなビビッドカラーや、4種類のパーソナルカラーの中で唯一黒が似合うとされており、全体的に原色のようなはっきりとしたカラーがオススメです。

    カラーで言うとブラックや、フューシャピンク、バーガンディー、ロイヤルブルー、ヴァイオレットなどが挙げられます。

    シルバーラメやグリッターも得意なので、仕上げに軽く塗布して輝きを追加するのもオススメです。

    一方不得意とするカラーは、黄みが強いカラーはもちろんのこと、パステル調のカラーや、色を混ぜたような中間色は目元がぼやけてしまいます。

    得意とするカラーを使うことにより、ウィンタータイプの方の特徴ともいえる透明感を最大限に発揮することが出来ます。

  • リキッドアイライナー

    ☆ウィンタータイプの方は、はっきりとした発色のものが得意なのでブラックのアイライナーを使用しましょう。

    ナチュラルに見せたい場合はブラウンではなく、グレーを選ぶようにしましょう。ナチュラルメイクをするにあたってブラウンのアイライナーは王道ですが、ウィンタータイプの方がブラウンを使ってしまうとアイシャドウとの馴染みが悪くアイラインだけが浮いてしまいます。

  • マスカラ

    ☆目元にボリュームが欲しい方はボリュームタイプ、長さが欲しい方はロングタイプを使用してください。その際どちらもブラックを選ぶようにしましょう。

    その他にも、グレーやチャコールグレーのようなカラーのマスカラもオススメです。

  • ビューラー

【アイシャドウを塗る手順】

  1. アイシャドウのハイライトカラーを瞼全体に塗布します。

    ☆眉山の下までしっかり塗布することでハイライト効果が生まれ、ホリを深く見せることが出来ます。発色があまり良くなくハイライト効果が弱い場合は、アイホールだけに塗布するようにし、眉下は後からお使いのハイライトを塗るようにしても大丈夫です。

  2. アイシャドウのミディアムカラーを二重幅から少しはみ出る位置までと、下瞼の目尻1/3の位置に塗布します。

    ☆ブラック系のアイシャドウは広範囲塗りすぎてしまうと、イベントメイクのようなメイクになってしまい普段使いしづらくなってしまうので、途中何度か目を開けて範囲を確認しながら塗るのがポイントです。

    ☆グラデーションが上手に出来なかった場合は、何もついていないアイシャドウブラシで境目をぼかしましょう。

  3. アイシャドウのアクセントカラーを二重幅の半分位の位置までと、下瞼の1/3のキワにアイラインのように塗布します。

    ☆アクセントカラーを塗布した後は、必ず何もついていないアイシャドウブラシで境目をぼかしてください。ブラックやグレーのようなカラーは後から塗布するラメなどではグラデーションの誤魔化しが利きにくいので、予め綺麗なグラデーションを作り上げておくことがコツです。

  4. シルバーラメを指の腹に取り、黒目の上にまず初めに乗せ、そこから左右に塗り広げます。この時、下瞼の涙袋にも塗布してください。

    ☆黒目の上が一番発色することで、目元に立体感が生まれます。ラメアイシャドウの場合はスライドしながら塗布してもなかなか瞼に密着してくれないので、スタンプを押すようにポンポンしながら塗布してください。

  5. リキッドアイライナーでアイライン、インラインを引きます。

    ☆アイシャドウが強めのカラーなので跳ね上げラインがオススメですが、跳ね上げラインが苦手な方は目の形に沿って自然に流しましょう。

    ☆リキッドアイライナーでインラインを引く場合は、筆先の細い部分を使って睫毛のキワを少しずつ埋めるように塗布するのがオススメです。

  6. ビューラーで睫毛を根元→中間→毛先の順にカールさせます。

    ☆三段階に分けて挟むことで、横から見ても綺麗な睫毛に仕上がります。毛先は根元、中間と比べてダメージを受けやすいので、優しい力で挟みましょう。

  7. 上下の睫毛にマスカラをたっぷりと塗り完成です。

    ☆繊細な睫毛より存在感のある睫毛の方がアイシャドウとマッチするので2~3度塗りするのがオススメです。もしダマが出来てしまった場合は、マスカラコームでダマを取り除いてください。

    ☆下睫毛はマスカラブラシの先端を使って全体に塗布した後、毛流れに沿ってブラシを動かすと綺麗に塗ることが出来ます。

【最後に】

今回はブルーベースのウィンタータイプの方にオススメなアイシャドウのカラーや、そのアイシャドウを使った塗り方のご紹介でした。

発色がはっきりとしたカラーが似合うウィンタータイプさんの場合は、塗り方が難しく似合うと分かっていてもなかなか手を出しにくいですよね。

しかし今回の記事を参考にしていただければ、そんな心配もなく得意なカラーでアイメイクを楽しむことが出来るので、ぜひ一度真似してみてはいかがでしょうか。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント