ナチュラルな目元に仕上がるブラウンマスカラの塗り方

haruharu
美容

ナチュラルメイクに仕上げたかったのに、マスカラを塗ったら濃くなってしまったという経験をした人はいませんか?

アイシャドウ、アイラインをナチュラルにしても、マスカラ一つで目元の印象はガラリと変わります。

ナチュラルだけどぱっちり目元にしたい場合は、ブラウンマスカラを使ってみて下さい!

今回は、ナチュラルな目元に仕上がるブラウンマスカラの塗り方を紹介します。

ブラウンマスカラを使うメリット

  • ナチュラル

    ブラウンカラーは肌馴染みがよく、ナチュラルメイクとの相性抜群です。メイクしてます感を抑えられるので、より自然な印象に見せる事が出来ます。

  • 柔らかい印象になれる

    ブラックより柔らかい印象に仕上がるブラウンマスカラは、目元をソフトな印象に見せてくれます。

    ブラックは目元に存在感を出し、強調してくれるのですが、頑張っている感が出てしまう事があります。しかし、ブラウンマスカラなら、重ね付けしても、優しい印象の目元に仕上がります。

    可愛らしい甘い雰囲気の顔に仕上げたい時にピッタリです。

  • ハーフ顔メイクにも

    ハーフ顔メイク等の色素を薄い印象に仕上げたいメイクの時にも、ブラウンマスカラはオススメです。

    ブラウンマスカラを使う事により、透明感がプラスされ、色素の薄い目元に仕上がります。この場合、暗めのブラウンを使うのではなく、明るめのブラウンを使うと、より色素を薄く見せてくれるのでオススメです。

用意する物

  • ブラウンマスカラ
  • ビューラー

マスカラを塗る手順

  1. アイシャドウ、アイラインを終えた状態から始めていきます。

    今回は、ナチュラルな目元にしたいのでアイシャドウはブラウン系で薄めに、アイラインはブラウンで細目に引いています。

  2. ビューラーでまつ毛をしっかりと上げます。

    (ビューラーの使い方に関しましては『まつ毛が上がらない人必見!綺麗なカールを作るビューラーの使い方・コツ』をご覧ください。)

  3. ブラシに付いている余分な液を、ボトルの縁、またはティッシュで落とします。

    たくさんの液がブラシに付いてなければボトルの縁、たくさん付いているようならティッシュ、という風に使うマスカラに合わせて方法を使い分けてみて下さい。

  4. 中央→目頭→目尻の順に塗布していきます。
  5. マスカラを中央のまつ毛に根元から毛先に向かって塗布します。

    この時、根本は左右にギザギザしながら塗布し、中間から毛先に向かっては毛の流れに沿って塗布します。

    毛先の方までギザギザしながら塗ってしまうと、まつ毛同士が引っ付いてしまい、ダマの原因になってしまいます。

  6. 目頭のまつ毛に先程と同じように塗布します。
  7. 目尻のまつ毛に先程と同じように塗布します。
  8. ダマが出来てしまった場合、完全に乾ききる前にコームでとかしたら完成です。

    乾いた後にコームを使うと上手にとかせなかったり、無理矢理とかそうとしてまつ毛が抜けてしまったりと、トラブルの原因になるので素早く行ってください。

ブラウンマスカラとブラックマスカラの比較

ブラウンマスカラの方がナチュラルに仕上がっているのが分かりますね。

目元をはっきりさせながら、優しい印象にしてくれるので、ナチュラルな目元を求めている人にはブラウンマスカラはとてもオススメです。

最後に

ブラウンマスカラを使用してみましたが、いかがだったでしょうか。

ナチュラルメイクの時には、ブラックのマスカラより、ブラウンのマスカラの方がしっくりくると思います。

ブラウンだからと言って目元がぼやけてしまうわけではないので、気になっていた人は一度試してみて下さい。

美容
Howpon[ハウポン]

コメント