リムーバーなしでもティントリップを落とす方法!ポイントメイクの落とし方

haruharu
メイク

色持ちがよく、唇に色がしっかりと定着してくれるティントリップ。メイク直しが出来ない日には、とても重宝してくれるアイテムですよね。

しかし落ちにくいがゆえに、いざ落とそうとしてもなかなか落ちてくれず、何度も擦って唇が荒れてしまった。なんていう経験をした方も少なくはないと思います。

専用リムーバーも発売されていますが、たまにしかティントリップを塗らない方にとっては、無駄な出費と考える方もいますよね。

そこで今回は、専用リムーバーがなくてもティントリップを落とす方法を2パターン紹介します。

【用意するもの】

クレンジング方法①

  • クレンジングローション

    ・オイルタイプと比べ、洗浄力が低めの水クレンジングと呼ばれるクレンジングローションは、落としにくいティントリップを落とすにあたり少し心もとなく感じられるかもしれませんが、あまりにも頑固なティントリップではない限り十分に落とすことが出来ます。

  • コットン

    ・口元全体を覆うことが出来る大判タイプのものがオススメです。

  • 綿棒
  • ティッシュ

クレンジング方法②

  • クレンジングオイル、もしくはポイントリムーバー

    ・頑固なティントリップを落とすにあたり、一番無難に落とすことが出来るのがオイルクレンジングです。しかし洗浄力が高い分お肌への刺激も強いため、唇が乾燥しがちな方の使用はあまりオススメは出来ません。

  • 綿棒
  • ティッシュ

【ティントリップを落とす手順】

クレンジング方法①

  1. ティッシュで唇の表面に残っている口紅を拭き取ります。

    ・この時ティッシュで擦って落とすのではなく、唇でティッシュを挟み軽く落とすイメージで大丈夫です。強く擦ってしまうと唇にダメージを与えてしまい、荒れてしまう原因になります。

  2. コットンにクレンジングローションを染み込ませて、口元全体を覆うようにコットンを被せ、数分時間を置きます。

    ・クレンジングローションでティントリップを落とすにあたり、すぐに拭き取るのではなく、唇に付着している口紅を時間を置いて浮かせるというのが、今回一番の重要ポイントになります。

    ・コットンと唇がしっかりと密着するように、コットンの上から唇の形に沿うよう指で押さえてください。

    ・塗っているティントリップの種類によって放置時間が変わるので、口紅に合わせて時間調節をしてください。

  3. 口元からコットンを外したら、そのコットンの綺麗な面(唇にあてていない裏側)を使い、口角から中央に向かって滑らせるように拭き取ります。

    ・時間を置いて浸透していたティントリップを浮かせることにより、力強く擦らなくても綺麗に落とすことが出来ると思います。

    落ちないからと強く擦ってしまうと、皮がめくれたり、傷ついてしまう可能性があるので、上手く落とすことが出来ない場合は、再度クレンジングローションを染み込ませたコットンで口元を覆い時間を置きましょう。

    ・1枚のコットンで全てを拭き取れない場合は、新しいコットンに変えて唇全体を拭き取りましょう。

  4. クレンジングローションを染み込ませたコットンを半分に折り、その角を使って口角部分もしっかり拭き取ります。

    ・この時、口を半開きにして行うとコットンがあてにくい奥の方も綺麗に拭き取ることが出来ます。

  5. クレンジングローションを染み込ませた綿棒で、唇のシワに沿って縦に動かしながら隙間に入り込んでいるティントリップを拭き取り、クレンジング終了です。

    ・コットンを使い縦ジワに入り込んでいる口紅を落とすことも可能ですが、より綺麗に細かいところも落とすことの出来る綿棒の方がオススメです。

    ・クレンジング後はコットンなどの摩擦でダメージを受けているので、リップクリームなどを使いしっかり保湿しましょう。

クレンジング方法②

  1. ティッシュで唇の表面に残っている口紅を拭き取ります。

    ・この時ティッシュで擦って落とすのではなく、唇でティッシュを挟み軽く落とすイメージで大丈夫です。強く擦ってしまうと唇にダメージを与えてしまい、荒れてしまう原因になります。

  2. 唇の上にクレンジングオイルをたっぷりと乗せ、30秒ほど時間を置きます。

    ・クレンジングオイルを乗せたあと時間を置くことで、唇に浸透しているティントリップを徐々に浮かせることが出来ます。

  3. 唇の上をクルクルとマッサージをするように指で撫でながら、唇に染み込んだティントリップを落とします。

    ・ゆっくりと行うことが大切ですが、洗浄力の高いクレンジングオイルの場合は時間をかけすぎてしまうと、唇が乾燥し荒れてしまいます。時間を長くかければいいというわけではないので、その点は注意しましょう。

  4. 綿棒を使い、唇の縦ジワに合わせて動かしながら、シワに入り込んでいるティントリップを落とします。
  5. ぬるま湯でクレンジングオイルを洗い流し、クレンジング終了です。

    ・熱すぎるお湯はお肌を乾燥させてしまうので、人肌程度のぬるま湯で洗い流すようにしてください。

    ・クレンジングオイルを使った後はとてもお肌が乾燥しているので、必ずリップクリームやリップパックで保湿をしましょう。

【最後に】

今回はティントリップを綺麗に落とすための2種類の方法を紹介しました。

専用リムーバーを使わないと綺麗に落とすことが難しそうに見えるティントリップですが、しっかりと工程を踏めば、普段のクレンジング剤でも簡単かつ綺麗に落とすことが出来ます。

この方法でも上手く落とせないティントリップの場合は、専用リムーバーで落とすことをオススメしますが、ぜひ一度この方法でトライしてみてください。

メイク美容
Howpon[ハウポン]

コメント