8枚の折り紙でできるかっこいい『手裏剣』の折り方・作り方【ver.2】

risalisa23risalisa23
遊び

男の子に人気の手裏剣は今や様々な折り方があるため、何がいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は折り紙8枚でできるかっこいい『手裏剣』の折り方・作り方をご紹介したいと思います。

意外と簡単にできるにも関わらず、変形も出来てとてもかっこいいです!︎

パーツをくっつける段階で飛び出た部分をしっかりと折りることで、手裏剣が壊れにくくなりますのでぜひ参考にしてみてください!

準備するもの

  • 折り紙(15cm×15cm)8枚

作り方(パーツ)

  1. 白い面を上にしておき、長方形になるように半分に折ります。
  2. 折り目を付けて開いたら、対角線の角を合わせてだいたい半分まで折り線をつけます。
  3. もう一度開いてタテとヨコの向きを変えたら対角線の角を合わせて、先程折った折り線と対称となる場所を半分程折ります。
  4. 折ってない面の角を中心の折り線が交わっている部分にあわせ、三角形に折ります。
  5. 左側も同じように三角形に折ります。

    (色付きの三角形が下に、白い長方形が上にできます)

  6. 白い長方形にある中央のタテ線を山折りにし、斜め線は谷折りにしてつぶし折って、平方四辺形になったらパーツの完成です。

    残り7つのパーツも同じように作ってください。

作り方(パーツをくっつける)

  1. 1つ目のパーツはピラピラ浮いている部分を右に来るように置きます。
  2. 2つ目のパーツも同じ向きで置きます。
  3. 1つ目のパーツの中央に2つ目のパーツを差し込みます。

    (ピラピラ浮いた部分が少し飛び出て余るような形になります)

  4. 飛び出た2つの部分を内側に入れ込んで折ります。

  5. 3つ目のパーツから8つ目のパーツまで先ほどと同様に、差し込んで飛び出た部分を折り込みます。
  6. 8個目のパーツも1番目のパーツの分かれ目に差し込み、飛び出た部分を折り込んだら完成です。

〈変形する時のコツ〉

中央に少しずつ押し寄せて、真ん中の円を少しずつ小さくしていくようにしてください。一気に円を小さくしようとすると形が崩れる可能性があるので要注意です!

遊び
Howpon[ハウポン]

コメント