お祝い・お年玉におすすめ!『鶴付きポチ袋』折り方・作り方

ゆか先生ゆか先生
遊び

お年玉やお祝いを渡すとき、手作りのポチ袋はいかがですか?既製品はたくさんあるけれど、折り紙1枚で、鶴の付いた素敵なポチ袋を作ることができます。

今回は、お祝いやお年玉にピッタリな『鶴付きポチ袋』の折り方・作り方を紹介します。

実際にお札を入れられるので、ぜひ作って活用してみてください!

準備するもの

  • 折り紙 15㎝×15㎝
  • 両面折り紙がおすすめです。

鶴付きポチ袋は裏面も使用するため、両面折り紙だと『袋』と『鶴』両方に色柄が付き、華やかに仕上がります。

作り方

  1. 折り紙の表面が『袋』、裏面が『鶴』になります。お好きな柄になるように、裏表の向きを確認してください。
  2. 裏面を上向きに置きます。三角に半分に折り、戻します。再度三角に折って戻し、対角線の折り線を付けます。
  3. 1組の対角を中央点まで折り、戻します。
  4. 戻した右角を、手順3で出来た折り線まで折ります。
  5. 手順3の線に沿ってそのまま折り込みます。
  6. 手順5をもう1度折り込み、中央線まで折ります。(対角も同じようにします。)
  7. 一つ戻し、手順5の形にします。
  8. まだ折っていない対角を中央点まで折り、折り線を付けたら戻します。
  9. 右下の辺を、手順5の左下の辺に合わせて折ります。折り線を付けて戻します。
  10. 左下の辺を、手順5の右下の辺に合わせて折ります。折り線を付けて戻します。
  11. 下の角を、一番上の横線に合わせて折ります。折り線を付けて戻します。
  12. 手順5を、縦の中央線に合わせて折ります。(手順6と同じ形にします。)
  13. 斜めの折り線が見えるので、その線を谷折りにするように開き、つぶします。
  14. 一番下の三角の線を谷折りにし、左右を手前に寄せます。
  15. 浮いたところを四角になるようにつぶします。
    • この四角の部分が『鶴』になります。ここを折っていきましょう!
  16. 開いている辺が細くなるように、中央線に合わせて折ります。折り線を付けたら戻します。
  17. 上の1枚を開き、線に合わせてつぶしながら折ります。鶴の折り方と同じです。
  18. 二股になっている方が細くなるように、左右を半分に折ります。
  19. 二股の部分を上へ折り上げます。折り上げた辺が『袋』と平行になればOKです。
  20. 折りあげを一度戻し、『鶴』の部分を左に倒します。
  21. そのまま手順20の線に沿って、もう1度上へ折り上げます。
  • 鶴を手前に倒すように折り、形を整えます。
  • 反対側も同じように折ります。
  • 左右どちらかを『鶴』の首になるように、折り返します。
  • 頭の部分になる所を内折りします。
  • 『袋』の上部を横線に沿っており、角を『鶴』の後ろに差し込めば完成です!
  • 完成して一言

    お札を4分の1にすると、ぴったり入ります。鶴が付いていることで、お祝いやお正月の雰囲気によく合います。

    お好きな色や柄で作り、ぜひ活用してみてくださいね。

    遊び
    Howpon[ハウポン]

    コメント