思ったより簡単にできる花の折り紙『ひまわりリース』折り方・作り方

こっちゃんこっちゃん
遊び

幅広い世代に人気の花である『ひまわり』は、夏の花としても有名です。

人気の花とあってか色々な折り方や、アレンジされたひまわりの折り紙などを見かけます。

なので今回はそんな中でも特に可愛い『ひまわりリース』の折り方・作り方を紹介します!

折り方自体は簡単ですが、パーツを何個も作らなければいけないのでそこが少し大変です。

ですが出来上がりはすごくかわいいので、根気よく頑張って作ってみてください!

準備するもの

  • おりがみ(3.75㎝×3.75㎝)×64

    ひまわりの花びら部分に使用するので、黄色をおすすめします。

  • おりがみ(3.75㎝×3.75㎝)×8

    ひまわりのたね部分に使用するので、茶色をおすすめします。

  • おりがみ(15㎝×15㎝)×8

    ひまわりのリース部分に使用するので、緑色をおすすめします。

作り方(花びら部分)

  1. 白い面を上に向けて、三角形になるように半分に折ります。
  2. 対角線になるように、もう一度三角形に折ります。
  3. 折り目を付けて開いたら黄色の面(色のある面)を上にして、長方形に折ります。
  4. 一番最初の状態に戻してもう一度長方形に折ります。
  5. 黄色の面を上にしたときに谷折りになる辺を裏で合わせて、三角形になるように折りつぶします。

  6. 口がピラピラしていない方の角を軸にして、中心の線に合わせて折ります。
  7. 反対側同じように折ります。
  8. はみ出ている2つの部分を三角形に折って折り目を付けます。
  9. 折り目を付けた2つの部分を内側に折り込みます。

  10. 裏返して逆三角形の底辺に向かって折ります。

ひとつのひまわりに対してこれを8個ずつ使うので、計64個準備してください。

作り方(たね部分)

  1. 白い面を上に向けて、長方形になるように半分に折ります。
  2. 半分に折る作業をあと2回行います。

  3. 折り目を付けたら、最初の正方形の状態に戻します。
  4. 先ほど付けた折り目に対して十字になるように、半分に折ります。
  5. 半分に折る作業をあと2回行います。

  6. 初めの状態に戻したら茶色い面(色の面)を上にします。
  7. 中心にある十字の折り目を基準に、それぞれ2番目にある折り目に合わせて4角全て三角形に折ります。

ひとつのひまわりに対してこれを1個使うので、計8個準備してください。

作り方(リース部分)

  1. 白い面を上にして三角形に折ったら開いて、もう一度三角形に折り、対角線(バツ)の折り目を付けます。
  2. 裏返して、バツの折り目に対して十字の折り目を付けたら開きます。
  3. 山折り谷折りの折り目に沿って、三角の形にします。

  4. 上下を反転させたら三角形の中心にある折り線に合わせて、左右2辺を折ります。
  5. 裏返したら下側にある三角形の頂点を、三角形の底辺に合わせて折ります。
  6. 再び裏返して中央にある2辺を外側に向けて折ったら、その折り目に対して平行になるようにジグザグに折っていきます。

  7. 同じ作業を反対側にも行ってください。
  8. ジグザグに折り目が付けれたら、外側に向けて折った状態に戻します。
  9. 外側に向けて折った時にできた辺に合わせて、半分に折ります。反対側も同じように折ります。
  10. 左右両方とも折り目に合わせて開き折ります。
  11. ひし形になるように両方とも形を整えて折ります。

ひとつのひまわりに対してこれを1個使うので、計8個準備してください。

作り方(リースとひまわりをくっ付ける)

  1. 完成した葉っぱ同士をくっ付けて、リースを作っていきます。
  2. ひし形の下にある台形の角同士がくっつくように、2枚重ねます。
  3. 後ろ側のピラピラは前へ、前側のピラピラは後ろへ、重なっているリース部分を前後に交互になるように中に入れ込みます。
  4. 手順2~3を繰り返し、全部つなげていきます。
  5. 花びらのパーツ8個をリースを作るときのように、後ろ側のピラピラは前へ、前側のピラピラは後ろへ、重なっているリース部分を前後に交互になるように中に入れ込みます。
  6. たねの部分を用意して、白い三角形の部分4か所にのりを付けます。
  7. 花びらの裏側にある空洞4か所に差し込んで、くっ付けます。
  8. リースとひまわりが完成したらのりを使って、ふたつをくっ付けていきます。
  9. 全てのり付け出来たら完成です。

解説動画

遊び
Howpon[ハウポン]

コメント