丈夫で小物入れに便利!折り紙で作る、深い縦長の『長方形』箱の折り方

こっちゃんこっちゃん
遊び

今回は丈夫で小物入れにも便利な、深い縦長の『長方形』箱の折り方を紹介します。

厚紙などを使って作れば丈夫なのでペン立てとしての利用も可能です。また縦長で深さがあるので、つまようじ入れなどにも良いかもしれません。

それではさっそく便利な長方形箱の折り方を見ていきましょう!

準備するもの

  • 折り紙(15㎝×15㎝)
    ※柄入りの折り紙の方が、完成した時におしゃれです
  • (あれば)定規

作り方

  1. 白い面(今回は柄がない面)を上にします。
  2. 三角形に折ります。
  3. 対角線ができるようにもう一度三角形に折ります。
  4. 折り線を付けたら手順1の状態に戻します。
  5. 好きなサイズを決めて測ります(今回は約5.5㎝で行います)
  6. 上下の2辺を測ったサイズに合わせて長方形に折ります。
  7. 折り紙を開いたら手順2と4で折った線と、手順6で折った4つの線が交わる点があります。
  8. 手順7で赤く囲まれている点を基準にして、上下の2辺を長方形に折ります。
  9. 折り紙を開いたとき、中心に正方形ができているようにしてください。
  10. 再び手順2と同じように三角形に折ります。
  11. 三角形の端(赤い点線の部分)に折り目があります。
  12. この手順11の点線に合わせて端を折ります。この作業を4つの角全てに行ってください。
  13. 4つの角すべてに折り目がつけられたら、手順12で付けた折り目に合わせて辺と辺をくっつけます。
  14. はみ出た三角形の部分を手前に向かって折ります。
  15. 残っているすべての部分を、手順13・14と同じように折っていきます。
  16. すべて折り終えて形を整えたら完成です。

解説動画

最後に一言

今回の長方形の箱は小物入れとしても使えますが、空いている上の部分を閉じれば小さなギフトケースとしても使うことができます。

用途は様々でしかも思ったより簡単に作ることができるので、ぜひ1度挑戦してみてください。

遊び
Howpon[ハウポン]

コメント