奥二重悩み解消!化粧映えするアイシャドウの塗り方・メイク

haruharu
美容

まぶたが分厚いがゆえに、アイシャドウやアイラインが隠れてしまいがちな奥二重。

化粧映えさせるために、アイシャドウやアイラインを濃く塗っている人は多いのではないでしょうか。

今回は、頑張っても化粧映えしない。と悩んでいる奥二重の人の為のアイシャドウの塗り方を紹介します。

用意する物

  • ブラウンアイシャドウパレット(3色以上ならOK)
  • 赤アイシャドウ
  • メイクブラシもしくはチップ(指でもOK)

アイシャドウを塗る手順

  • ハイライトカラー…左パレットの左のカラー
  • ミディアムカラー…左パレットの中央のカラー
  • アクセントカラー…左パレットの右のカラー
  • 赤アイシャドウ…右パレットの左下のカラー
  1. ハイライトカラーをアイホール全体に塗布します。

  2. アクセントカラーを目頭から2/3辺りまでは細めに、残りの目尻側1/3辺りは二重幅くらいの広さまで塗布します。

    目尻側をしっかりと塗る事によって、のっぺり感を解消する事が出来ます。

  3. ミディアムカラーをアイホール1/2(目を開けた時に少し色が出る辺り)まで塗布します。

    この時、②で塗布したアクセントカラーをぼかしながら、綺麗なグラデーションになるよう塗布して下さい。

  4. 赤アイシャドウを目尻1/3(目を開けた時に目のキワが見える位置)にアイラインのように塗布します。

    目立つよう少し太めに塗布します。

    細すぎるとアイラインを引いた時に隠れてしまいます。

  5. 下まぶたの目頭側1/2辺りまでハイライトカラーを塗布してアイシャドウは完成です。
  6. アイライナー、マスカラを塗って完成です。

    この時、アイラインは目尻1/3(目を開けた時に目のキワが見える位置)のみ、もしくは全て引く場合、目頭から黒目辺りまでは極細(まつ毛の間を埋める程度)で引いていきます。

    目尻は少しはね上げ気味で少し長めに引きます。

    はね上げ過ぎてしまうと、とてもキツイ印象の目元になってしまうので気を付けて下さい。

最後に

奥二重で悩んでいる人いかがだったでしょうか。

濃いアイシャドウや、太いアイラインを引かなくても、塗り方や使うカラーを変えるだけで一気に化粧映え顔になれます。

奥二重で悩んでる人は一度この方法を試してみて下さい。

この記事のテーマに戻る
アイシャドウの塗り方/メイク
美容
Howpon[ハウポン]

コメント