折り紙を組み合わせて作る『星のくす玉(スターボール)』の簡単な折り方

risalisa23risalisa23
折り紙

今回は折り紙を組み合わせて作る『スターボール』の簡単な折り方をご紹介致します。

この作品はお部屋の飾りやパーティなどのイベントにもぴったりで、飾れば部屋を華やかな雰囲気にしてくれますよ。

一つのパーツはとても簡単にできますが、そのパーツを30個組み合わせることで完成するので、コツコツ作ることが好きな方にとてもおすすめです。

ぜひ作って達成感を味わって見て下さい!

準備するもの

  • 折り紙(7.5cm×7.5cm)30枚
    他のサイズの折り紙でも作ることができます。上記のサイズで作ると直径20cm程のくす玉が出来上がります。
  • のり

パーツの作り方

  1. 白い面を表に置き、長方形になるように半分に折ります。
  2. 開きます。
  3. 手前と奥のフチを横の折り線に合わせて折り、観音開きを作ります。
  4. 左辺を奥のふちに、右辺を手前のふちに合わせて折ります。
  5. 2つの三角形を中央の横の線より手前を開いて、斜めの折り線を山折りに、手前の折り線を谷折りに折り直して折り潰します。
    ・白い小さい正方形が中央に2つ出来た状態になります。
  6. 2つの白い正方形の半分を裏側におり、白い三角形を作ります。
  7. 左右とも中に隠れている白い三角形を引き出し、引き出した部分を上から重ねます。
  8. 裏返してはみ出た部分にのりをつけて、貼り付けます。
  9. 尖った右角を左角に、尖った左角を右角に合わせて折ります。
  10. 裏返して浮いている部分を開いて、長方形に折り潰します。
  11. 奥の辺を斜めになった内側の辺に合わせて折ります。
  12. 裏側も同じように折ります。
  13. 今折った部分を戻します。
  14. 奥の辺から指を入れて開いたら、斜めの折り線を山折りにしたらパーツの完成です。
    ・上記の折り方で、合計30個のパーツを作ります。

パーツの取り付け方

  1. 左右の手に1つずつパーツを持ち、どちらかのパーツの尖った角を袋状の部分に入れます。
    ・綺麗に作りたい方は飛び出た部分にのりを付けると、くす玉が崩れにくくなります。
  2. 3つ目のパーツを袋状の部分に差し込み、2つ繋いだパーツの角を3つ目にの袋状に入れて繋げ、三角のような形になるようにします。
  3. 色の付いた部分が繋がって星の形になるように、残りのパーツも全て繋げて球体にしたら完成です。
折り紙遊び
Howpon[ハウポン]

コメント