折り紙で作れる『象のしおり』の簡単な折り方・作り方!

risalisa23risalisa23
折り紙

今回は折り紙で作る『象のしおり』の簡単な折り方をご紹介致します。

手順は多いですが、左右同じ折り方が多い為折り方としては簡単です。またとてもリアルでかっこいい象のしおりが出来上がるので、大人から子どもまで使うことができ、本を読む気分もあがります。

ぜひチャレンジして作って、読書時間をより楽しいものにして下さい!

この記事の内容

準備するもの

  • 折り紙(15cm×15cm) 1枚
    折り紙はとても折り重ねるので、上記のサイズ以上が適当です。また今回は上記のサイズでの折り方をご紹介している為、折り紙のサイズを変える際は上手く調整して作って下さい。

作り方

  1. 色付きの面を表にして対角を合わせて三角形に2回折り、Xの折り筋を作ります。
  2. 開きます。
  3. 裏返して、長方形になるようにフチをそれぞれ合わせて折り、十字の折り筋をつけます。
  4. 開きます。
  5. 折り筋通りにそのまま折りたたみ、正方形に折り潰します。
  6. 繋がっている角を手前に置き、手前の斜めの辺を縦の線に合わせて折ります。
  7. 2つの三角形を開きます。
  8. 裏返して奥の角にある折り紙1枚を、手前の角に合わせて折り下げます。
  9. 今折った部分を戻します。
  10. 手前の角を横の折り線より1cm手前に合わせて折り上げます。
  11. 全て開きます。
  12. 色付き面を表にし、中央の正方形を山折りに折り直します。
  13. 中央の正方形の対角を合わせて×の折り筋を谷折りにしたら、五角形を作ります。
  14. 五角形についた斜めの折り線通りに折り、上の浮いた部分を潰し折ります。
  15. 中央の五角形にある手前の斜めの辺を、縦の折り線に合わせて折ります。
  16. 今折った部分を開き手前の角を持ち上げ、折った部分を山折りに折り直して裏へ入れ込み、手前はひし形になるように折ります。
  17. ひし形の奥にある角を手前に倒します。
  18. 中央の五角形の裏側にある部分の斜めの辺を、左右とも中央の縦の辺に合わせて折ります。
  19. 今折った部分を開きます。
  20. 横の線から指を入れて開いて今折った斜めの折り線通りに折って、浮き上がった部分を中央の線に合わせて折ります。
    ・反対側も同じように折ります。
  21. 中央の五角形の斜めの辺を、左右とも中央の縦の折り線に合わせて折ります。
  22. 今折った部分を戻します。
  23. 中央の五角形の右角を開き3つの折筋を山折り→谷折り→山折りの順に折り畳みます。
  24. 左側も同様に折ります。
  25. 五角形の裏側にある2つの角を、山折りに折り直して外側に倒します。
  26. 外側に倒した2つの角の裏側に飛び出た部分を、谷折りにして表から見えないようにします。
  27. 折り重なっている部分を全て左に倒し、手前の角を左右にある角の位置で折り上げます。
  28. 左側も同様に左右にある角の位置で折り上げます。
  29. 五角形が見えるようにします。
  30. 中心にある左右に飛び出した角を裏に折ります。
  31. 奥に飛び出した角を、裏にある辺の位置で山折りします。
  32. 裏返して今折った部分を、開いている部分に入れ込みます。
  33. 入れ込んだ部分を奥に向きを変え、手前の左角を左奥の角に合わせて折り、長方形を作ります。
  34. 長方形を開きます。
  35. 右側は手前の右角と右奥の角を合わせて折ります。
  36. 開きます。
  37. 裏返して、今つけた斜めの線を山折りに折り直し、左右の角を内側に入れるように間の辺を谷折りにします。
  38. 手前の角より折り重なった部分の中から角を引き出します。
  39. 引き出した角に指を入れて開き、正方形に折り潰します。
  40. 最後に今折った正方形の下側の辺を山折りから谷折りに折り直し、山折りにした部分が中央に集まったら完成です。
折り紙遊び
Howpon[ハウポン]

コメント