折り紙で簡単に作れる『バラの箱(ローズボックス)』の折り方・作り方

risalisa23risalisa23
折り紙

今回は折り紙で簡単に作れる『バラの箱(ローズボックス)』の折り方をご紹介致します。

中に小物を入れて利用したり、そのまま飾りとしても使えますよ。

また作りがとても複雑そうに見えますが、蓋と箱が途中まで同じ折り方なので意外と簡単に折ることができます。

折り線をしっかりつけることで、後から完成に向けて組み立てることが簡単になっていきますので、是非意識して作ってみて下さい!

準備するもの

  • 花に使う折り紙(15cm×15cm)1枚
  • 葉に使う折り紙(15cm×15cm)1枚
    折り紙は折り重ねることが多いので、上記の折り紙以上の大きさがおすすめです。
    上記のサイズで4cmの大きさのバラの箱が出来上がります。

葉の作り方(箱)

  1. 白い面を上にして置き、長方形になるように半分に折って開きます。
  2. タテ線に左右の端を合わせて折り、観音開きを作ります。
  3. 観音開きにしたものを裏返して半分に折り下げ、正方形を作ります。
  4. 裏表とも上の辺に合わせて折ります。
  5. 裏表とも奥の辺を中央のタテ線に合わせて折り下げ、4つの三角形を作ります。
  6. おった部分を戻したら、中央より尖った角を左右に引き出し、船の形にします。
  7. 六角形になるように重なった部分を開きます。
  8. 左上の角と右下の角を反対側に倒します。
    ・かざぐるまの形になります。
  9. 表裏返したら4つの辺をそれぞれ中央のヨコ線に合わせて折って、広げます。
  10. 4つの辺を今折った線で同時に折って立ち上げ、角をつまんで折り潰して直角になるようにします。
    ・正方形の下に飛び出ている角を折らずに下に残します。
  11. 同様に4角全て立ち上げ、角をつまんで直角に折り潰します。
    ・立ち上げてできた小さな正方形が、直角になるようにしっかりと折り線をつけます。
  12. 表裏返して飛び出している角の根元を斜めに谷折りし、長い辺が中央の辺に沿うようにおります。
  13. 最後の一角は、一番先に作った角の下に根元を折り潰して入れ込みます。
  14. 側面にある対角を結ぶように、斜めにしっかり折ったら完成です。

花の作り方(ふた)

  1. 白い面を上にして置き、長方形になるように半分に折って開きます。
  2. 中央線に左右の辺を合わせて折ります。
  3. 表裏返し、奥の辺を手前の辺に合わせて折ります。
  4. 裏表とも手前の辺を奥の辺に合わせて折り上げます。
  5. 奥の辺を中央のタテ線に合わせて折り下げ、裏返し同じ作業を行います。
  6. 表裏とも、今折った部分を開き、内側の紙をつまんで外側にしっかりと引き出し、船の形にします。
  7. 六角形の状態にしたら、左上と右下の角を反対側に倒してかざぐるまの形にします。
  8. 表裏返したら正方形にある4つの角それぞれを、奥にある辺に合わせて折り線を付け戻します。
  9. 隣同士の辺を立てて、重なる部分にしっかり折り目をつけて直角にします。
  10. 表裏返したら中心にできた正方形の辺から、右斜め上の角を結ぶ線で折ります。
  11. 飛び出た角を正方形の辺に沿わせるようにして折り潰します。
    ・最後の角は、1番最初に折った角の下に入れて折り潰します。
  12. 飛び出た角を側面にあるナナメ辺に沿わせて中に入れ込み、形を整えて箱にふたをして完成です。
折り紙遊び
Howpon[ハウポン]

コメント