二羽がつながる!『連鶴(夫婦鶴・妹背鶴)』折り方・作り方

futamaefutamae
折り紙

1枚の折り紙から複数の鶴を作るものを『連鶴』といい、二羽の鶴が羽根でつながったものを『妹背鶴』といいます。

固く結びついた鶴はその姿から夫婦鶴とも呼ばれています。結婚式やお祝いの席などにぴったりですね。

難しそうに見えますが、下準備をするだけで簡単に作ることができるのでおすすめです!ぜひ挑戦してみてくださいね。

準備するもの

  • 折り紙(正方形の紙を半分に切った物)
  • はさみ
  • 小さい折り紙だと作りづらくなってしまうため、15㎝×7.5㎝の折り紙が良いです。

    作り方

      まずは下準備をしましょう。
    1. 折り紙の白い面を半分に折ります。短い辺を合わせるように半分に折ってください。線をつけて開きます。
    2. 手順1の折り線と十字になるように半分に折ります。線をつけて開きます。
    3. 短い折り線の半分まで(中央点まで)、はさみで切り込みを入れます。
      ここから『鶴』を作っていきます。
  • 白面を上向きに、切込み部分が上にくるように置きます。
  • 右下の角を切込み部分の角に合わせるように三角に折ります。
  • 裏返します。切込み部分の角と対角を合わせるように、三角に折ります。色面と白面の三角ができました。
  • 三角形の上の両角を、下の角に合わせるように折ります。
  • 白色の袋を開いてつぶします。
  • 裏面の白色の袋も開いてつぶします。
    • 裏面の四角の中央線から開くと、折りやすいです。
  • 色面の袋もつぶします。裏も同様にします。色面と白面の四角ができました。
  • 開いている辺を中央線まで折ります。色面4か所、白面4か所折ります。線をつけたら戻します。
  • 折り線に合わせて開いてつぶします。色面2つ、白面2つできたらOKです。
  • 二股になっている辺を中央線まで折ります。色面4つ、白面4つ折ります。
    • 色面と白面が接しているところは、接している方へ折ってください。
  • 鶴の首と尾の部分を折り上げます。色の鶴、白の鶴ができます。
  • 各色の鶴のくちばしを中割り折りします。
  • ゆっくり羽根を広げて完成です!
  • 最後に一言

    下準備をすれば、あとは鶴の折り方でできるので、見た目以上に簡単に作ることができます。二羽が固くつながった姿は、まるで夫婦の象徴。結婚やお祝いの席で飾ったり贈ったりしたいですね。ぜひ活用してみてください。

    折り紙遊び
    Howpon[ハウポン]

    コメント