【ポケモン】『ピカチュウ(全身)』を折り紙で簡単に作れる折り方!

futamaefutamae
折り紙

今回は『全身のピカチュウ』を折り紙で簡単に作れる折り方を紹介していきたいと思います。

パーツごとに丁寧に説明しているので、どなたでも楽しんで作れると思います。ぜひチャレンジしてみてください!

準備するもの

  • 黄色の折り紙(15cm×15cm)1枚
  • 黄色の折り紙(12cm×12cm)1枚
  • 黄色の折り紙(7.5cm×7.5cm)1枚
  • のり
  • ペン

頭の作り方

  1. 折り紙の黄色い面を表に向けて置き、三角形になるように両方の対角線で谷折りしてXの折り筋がついたら開きます。

  2. 紙を裏返して長方形になるように縦横とも半分の位置で谷折りし、十字の折り筋がついたら開きます。

  3. 黄色い面を表にして、つけた折り筋の通りに正方形に折り畳みます。

    ・折りたためたら、ふちが開いている方を手前にして置いてください。

  4. 表裏にある左右のふちを中心線に沿うように谷折りしたら、上の角をふちに沿って表裏1回ずつ折ります。

    ・しっかりと折り筋がついていると後の工程が楽になるので、開いたあとによく確認してください。

  5. 折ったところを全て開いたら、空洞の部分から指を入れてひし形につぶして折ります。

    ・ひし形にできたら、先端が2つに割れている方を奥側にして置いてください。

  6. 表裏とも下の角をめくり上げて、中に隠れている三角形の角に合わせて折り目をつけます。

  7. 手前にある台形を中心のヨコ線に沿って、裏表とも奥に倒し折ります。
  8. 五角形になった手前の角を、ヨコ線に合わせて三角形に折ります。
  9. 裏返して中心線で折った台形を手前に倒して、上にある2つの尖った角をそれぞれ外側に向かって斜めに折ります。

    ・このときにどんな角度で折るかによってピカチュウの雰囲気が変わってくるので、お好みで調節してください。

  10. 手前に倒したふちを戻して、のりで裏側と貼り合わせたら頭のパーツの完成です。

体の作り方

  1. 白い面を表に向けて置き、長方形に谷折りして折り筋がついたら開きます。
  2. 左右ふちを中心線に合わせて谷折りします。
  3. 上下のふちを合わせて折り筋をつけたら、それぞれのふちを中心線に合わせて谷折りします。

  4. 折ったところにある4つの角を三角形に折って、ななめの折り筋がついたら観音開きの状態まで開きます。
  5. 中心のふちを横の中心線に合わせてななめに折ったら、開いた部分を畳んで台形にします。
  6. タテの中心線と平行になるように1cmくらいの間隔を空けて、手前の2角を三角形に折ります。
  7. 平行に折った左右のふちが足の形になるように外側に向かってそれぞれ斜めに折り返し、折り筋がついたら一旦開いて山折りに変えます。

  8. 左右に突き出ている角と、足のかかと部分を結ぶ直線でふちを谷折りします。

    ・これでピカチュウの足ができたので、次は上半身を作っていきます

  9. 紙を裏返して上の左右角から1cmほど内側と、外側にある90°の角を結ぶ直線でそれぞれ谷折りします。

  10. 折ったふちの先端を三角形になるように外に向けて折り返し、折り筋がついたら山折りに変えます。

しっぽの作り方

  1. 白い面を上にして、三角形に折ります。
  2. 手前の辺を左上の辺に合わせて斜めに折ります。
  3. 裏返したら左に手前の角を倒して斜めに折り、1cmほど余白を残して折り返します。

  4. 折り返した部分から1.5cmほど離れた位置で左に倒し折り、0.5cmほど余白を残して折り返したらしっぽの完成です。

パーツの取り付け方

  1. 顔パーツにピカチュウの顔を描きます。
  2. 体パーツの手の裏側にのりをつけて浮かない様に貼り付けます。
  3. 体の上部にのりを塗り、顔をくっ付けます。
  4. しっぽパーツの角が鋭い方にのりをつけ、体の裏側に貼り付けたら全身ピカチュウの完成です。

折り紙遊び
Howpon[ハウポン]

コメント