七夕飾りの定番!折り紙で簡単に作れる『彦星』折り方・作り方!

futamaefutamae
遊び

小さなお子さんや家族のために七夕飾りを手作りしてみたいと思ったことはありませんか?でもなるべく簡単で時間もかからないものがいいですよね。

そこで今回は、2枚の折り紙を使って簡単に作れる『彦星』の折り方・作り方を紹介したいと思います。

彦星はやっぱり七夕飾りの定番ですよね。定番だからこそ模様の入った折り紙などを使って着物の柄を工夫したり、表情に変化をもたせて自分だけのオリジナル七夕飾りを作るのがおすすめです!

準備するもの

  • 体:15cm×15cmの折り紙1枚

    体の部分は無地の色付き折り紙より、和柄や和紙などの柄入りのものを使うとクオリティの高いものが作れます。

  • 頭:7.5cm×7.5cmの折り紙1枚

    頭のパーツは髪の毛があるので黒がおすすめです。

  • のり

折り方(体のパーツ)

  1. 折り紙の色柄のある面を表に向けて、長方形になるように半分のところで谷折りし、折り目がついたら一度開きます。
  2. 左右のふちを中心線に沿わせてそれぞれ内側に谷折りします。

  3. 紙を裏返して、また左右のふちを中心線に沿わせてそれぞれ谷折りします。

    ・裏にあった紙はいっしょに折ってしまわないように、広げた状態で手前に出しておきます。

  4. 上のふちを持って下に折り下げます。この時半分に折るのではなく、折り下げた部分の幅が、下に見えている柄のない部分の幅よりも少し多くなるくらいのバランスで折ってください。

    ・色のある部分が着物、白い部分が足になるので、裾の長さはお好みで調整してみてください。

  5. 折り下げた色柄のある右下の角を指でつまんで右へスライドすると隠れていた内側の紙が出てくるので、おうぎ形に広げた状態のまま上から指で押さえて折り目をつけます。

  6. 左側も同じように広げて折り目がついたら、紙を裏返します。
  7. 左右の下にある角を、一つ内側にある縦のふちに沿って三角形に谷折りします。

  8. 紙を裏返したら彦星の体のパーツが完成です。

折り方(頭のパーツ)

  1. 紙の白い面を表に向けて、三角形になるように対角線で谷折りし、折り目がついたら開きます。
  2. 左右の上のふちをそれぞれ中心線に沿うように内側に谷折りし、また開きます。

  3. 左右の下にある角のふちを、ななめの折り目に沿って内側に谷折りします。

  4. すでについているななめの折り目に従って左右の角を内側に戻します。
  5. 裏返して、上の尖った角を下に折り下げます。

    ・折り下げたときに上の角が左右の角と同じくらいの高さになる位置で折り目をつけてください。

  6. 際ほど折った折り目から1㎝ほど下のあたりで尖った角を上に折り返します。

  7. 尖った角が隠れるように、折り返したふちと角の半分くらいの高さで折り下げて紙を裏返したら彦星の頭のパーツが完成です。

折り方(パーツをくっつける)

  1. 頭のパーツを表に向けて下の角にのりをつけたら、体のパーツの裏側に貼り合わせます。

  2. お好きな顔を書いて完成です。
遊び
Howpon[ハウポン]

コメント