リキッドアイブロウで上手く書くコツ!眉毛・アイブロウの書き方

haruharu
美容

眉毛を描く際、リキッドアイブロウは使っていますか?知っているけど使った事がない人たくさんいると思います。

ペンシルやパウダーに比べて使い方が難しい印象や、使い方が分からないと思っている人多いのではないでしょうか。

そこで今回は、リキッドアイブロウを使って上手く描くコツや描き方を紹介します。

リキッドアイブロウとは

アイブロウは、ペンシルタイプ・パウダータイプ・リキッドタイプの三種類があります。

この中で、皆さんに難しいと思われているであろうリキッドタイプについて説明します。

リキッドアイブロウとは、リキッドアイライナーのように先端が筆になっているタイプの物です。

筆先がとても細い作りになっていて、毛一本一本を再現する事が出来るのが、このリキッドアイブロウの特徴です。

眉尻の毛の少ない所に描き足す時に最適です。

ペンシルやパウダーと違い、液体で描くので、肌への密着度が高く、時間が経っても落ちにくいというメリットもあります。

リキッドアイブロウの使い方としては、リキッドだけで仕上げるというよりは、毛のない所はリキッドで毛を描き足し、全体の形はパウダーで仕上げるという使い方がベストです。

用意する物

  • リキッドアイブロウ
    先が筆タイプの物とフェルトタイプの物がありますが、細い線が描きやすい筆タイプの物がオススメです。

    髪色と同じ位のトーン、もしくはワントーン暗いカラーを選ぶと、自眉毛と馴染み自然な仕上がりになります。

    リキッドアイブロウとアイブロウパウダーがセットになっている物を選ぶと、その一本で眉を完成させる事が出来るので便利です。

  • アイブロウパウダー
    髪色よりワントーン明るいカラーがオススメです。ワントーン明るいカラーを使う事で、垢抜け眉になれます。

    付属でついているブラシは、片方が細いブラシ、片方が太めのブラシの物を選ぶと便利です。

  • スクリューブラシ

眉毛を描く手順

  1. スクリューブラシで毛並みを整えます。
  2. リキッドアイブロウで眉毛の毛の薄い所に毛の流れに沿って描きます。

    毛を一本一本を描き足すように細い線を数本描きます。眉頭と眉尻をメインに、他気になる所に描き足しました。

    使うメーカーによって乾きにくい物があります。次の工程に進んだ時に消えてしまう場合があるので、しっかり乾いた事を確認してから次に進みましょう。

  3. アイブロウパウダーの一番濃いカラーを細い方のブラシにとり、眉尻に塗布します。

    濃いカラーだけでは濃く感じる人は、中間のカラーと混ぜると使いやすくなります。

  4. アイブロウパウダーの中間のカラーを細い方のブラシにとり、眉中央に塗布します。

  5. アイブロウパウダーの一番薄いカラーを太めの方のブラシにとり、眉頭に塗布します。

    眉頭を濃くしてしまうと不自然に見えてしまい、リキッドアイブロウで描き足した線も意味がなくなってしまいます。

    ふんわりと軽く塗る事で、リキッドアイブロウで描いた線と馴染み、元から毛があるように自然な眉に見せる事が出来ます。

  6. スクリューブラシで眉頭をメインに全体的に軽くぼかしたら完成です。

    強い力を加えてしまうと、せっかく描いた線が消えてしまう可能性があるので、優しく力をあまり入れずぼかすようにしましょう。

    お好みで眉マスカラを最後に塗布するのもオススメです。この場合、リキッドアイブロウのカラーと合わせると、リキッドアイブロウで描いた線と馴染み、違和感なく仕上がります。

最後に

リキッドアイブロウを難しく思っていた人、いかがでしたか?

眉毛全体をリキッドアイブロウだけで描こうとすると難しいですが、紹介した方法で使えば全然難しくなく、綺麗な眉毛に仕上げる事が出来ます。

難しく思っていた人は、ぜひ一度この方法を試してみて下さい。

美容
Howpon[ハウポン]

コメント