お正月やお祝いの席を華やかに飾る!『福鶴』折り方・作り方

ゆか先生ゆか先生
遊び

折り鶴にアレンジを加えると、羽が膨らんだ華やかな『福鶴』を作ることができます。

千代紙などを使えば、お正月の飾りやお祝いの席の飾りにもぴったりです。今回は、お正月やお祝いの席にぴったりな「福鶴」の折り方・作り方について詳しい手順をご紹介します。

準備するもの

折り紙

  • 正方形のものを用意しましょう。
  • 華やかさを演出するには、千代紙がおすすめです。千代紙は100均でも手に入ります。

福鶴の折り方手順

  1. 縦・横・ななめに折り線をつけます。
    • 四角に2回折って開きます。
    • 三角に2回折って開きます。
  2. 折り紙の角を、中心点に向けて折ります。4か所とも折ります。
  3. さらに折り線をつけます。
    • 四角に2回折って開きます。
    • 裏返して、三角に2回折って開きます。
  4. 折り線を利用して十字にたたみ、4分の1サイズの正方形にします。
    • ここまでできたら、次は鶴の折り方と同じです。折っていきましょう。
  5. 折り紙の開く辺を正方形の中心線に合わせて折ります。(左右)
  6. 裏側も同じように折ります。
  7. 三角の部分を折り、折り線をつけます。
  8. 正方形の状態(手順7)まで戻します。
  9. 折り紙の開く辺を折り線に沿って開き、線に合わせてゆっくりつぶします。
  10. 裏側も同じように折ります。
  11. ここからがポイントです!三角の内側から、折り込まれている1枚を引き出します。
    • 下から引き抜くようにすると、やりやすいです。
  12. 手前にかぶせます。
  13. 下に重ねてある形と合わせるように、中心線まで折ります。
  14. 開いている部分をつぶし、三角を立たせてください。
    • 三角を上下に折って、折り線をしっかりつけます。
  15. つぶしたところを開いて、三角の角を中へ折り込みます。
    • 中央にある三角とは上下反対の方へ角を折り込みます。
  16. 残りの3枚も同じようにします。
  17. 4か所とも折れたら、二股になる面にして置きます。
  18. 両サイドの辺を、それぞれ中央に合わせて折ります。
  19. 裏返し、同じように折ります。
  20. まだ折っていない面を開きます。
  21. こちらは、両サイドとも裏の中央に向けて折ります。
  22. 全体を裏返し、同様に折ります。
  23. 二股になる面にして置きます。
  24. 二股の部分を斜め上に折り上げ、折り線をつけます。
  25. 二股を元に戻します。
  26. 羽の間を開き、長い三角を上へ折り上げます。(左右とも)
  27. 片方の棒の先を開き、下へ折り下げてたたみ、首を作ります。
  28. ゆっくり羽を広げます。
    • 裏(体の下)の少し隙間があるところを指で抑え、羽を広げると、背中が膨らみます。
  29. 羽の裏から指を入れ、二重になっている羽を広げていきます。
  30. 羽を膨らませてバランスを整えたら完成!

完成して一言

手順が多く難しそうですが、しっかり折り線をつけていけばきれいに仕上げることができます。

お正月やお祝いの席などで、手作りの飾りで華を添えてはいかがでしょうか。ぜひ作ってみてくださいね。

遊び
Howpon[ハウポン]

コメント