基本の『折り鶴』三角ではなく四角から始める折り方・作り方

ゆか先生ゆか先生
遊び

折り鶴を作るとき、メジャーな折り方は『三角』から始めますが、今回は『四角』から作る折り鶴の折り方の詳しい手順を紹介します。

角が合わせやすく、子どもさんや初心者さんでも簡単に折り鶴を作れますよ。

準備するもの

  • 折り紙

正方形の折り紙を用意しましょう。最近は、100均やコンビニにもありますよ。

完成した鶴をイメージして自分好みの色の折り紙を選びましょう。

四角から始める折り鶴の折り方・手順

  1. 縦に半分に折り、長方形にします。
  2. 正方形になるように、もう1度半分に折ります。
  3. 1度開いて、長方形にします。
  4. 左右どちらか片方を、三角に折ります。
  5. 裏返します。
  6. 四角になっている方を、手前に向かって三角に折ります。
  7. 大きい三角の内側を開いてつぶして正方形にします。
    • ここまでできたら、あとは鶴の折り方と同じです。折っていきましょう。
  8. 折り紙の開く辺を正方形の中心線に合わせて折ります。(左右)
  9. 裏側も同じように折ります。
  10. 三角の部分を折り、折り線をつけます。
  11. 正方形の状態(手順7)まで戻します。
  12. 折り紙の開く辺を折り線に沿って開き、線に合わせてゆっくりつぶします。
  13. 裏側も同じように折ります。
  14. 二股に割れている方を、細くなるように半分に折ります。(左右とも)
  15. 裏側も同じように折ります。
  16. 左右を真ん中に合わせるように折ります。(裏も)
  17. 長い三角を上へ折り上げます。(裏も)
  18. 真ん中の線に合わせて半分に折ります。(裏も)
  19. 片方の細い棒の先を開いて折り下げ、半分に畳みます。
  20. 折り目を調整して、鶴のくちばしを少し出します。
  21. 羽をゆっくり左右に広げます。
    • 裏(体の下)の少し隙間があるところを指で抑え、羽を広げると、背中が膨らみます。
  22. バランスを整え、折り鶴の完成です!

完成して一言

鶴は「開いてつぶす」工程が難しいですが、「四角」から折るとその工程を減らすことができます。

今回紹介した鶴の折り方は、お子さんでもきっとできると思います。ぜひお子さんと折り鶴を一緒に楽しんでくださいね。

遊び
Howpon[ハウポン]

コメント