簡単可愛いハーバリウムボールペンの作り方。手作りキットもおすすめ

az az
ハンドメイド

幅広い世代の女性に人気のハーバリウム。

日常生活の中に1つあるだけで、癒しの効果を発揮し、気分も上がります。

ハーバリウムは、瓶の中にお花とオイルを詰め込んだ定番のスタイルだけでなく、アクセサリーに取り入れたり、ランプとして楽しんだりと楽しみ方もいろいろ。

最近では、手軽に持ち歩けるハーバリウムボールペンも人気です。

癒し効果抜群のハーバリウムボールペンが1本あったら、仕事や勉強も捗りそうですね。

必要な材料

  • オイルとお花が封入できる専用のボールペン
  • ハーバリウムボールペンを作る上で、まず欠かせないのは専用のボールペンです。

    ボールペンの上部が透明の筒状になっており、そこにハーバリウムが入れられるのです。

    こちらは、ネットショップで購入できます。

    ボールペンの色の展開も豊富ですので、使用したい花材の色によって使い分けてもいいですね。

  • 花材
  • ドライフラワーやプリザーブドフラワーを使用します。

    ボールペンの筒状のところに入るサイズのものになるので、小さめのものがいいでしょう。

    かすみ草や紫陽花、スターフラワーやペッパーベリーもオススメです。

    アスパラなどの葉物を入れると、鮮やかなお花の色も引き立ちますよ。

  • ハーバリウムの専用オイル
  • ハーバリウムに使用できるオイルはいろいろありますが、色持ちもよく安心して使用できる専用のものがオススメです。

    ハーバリウム専用オイルはネットショップで購入できます。

    最近では、100均のセリアにもハーバリウムオイルが売っているようです。

    容量は少ないのですが、ボールペンを作るにはちょうどいいかもしれません。
     

材料を集めるのが面倒な方は、ハーバリウムボールペンの専用キットもオススメです。

1から材料を集める必要がないので、手軽に作れます。

専用キットはネットショップやminne・メルカリなどのアプリでも購入できますよ。

花材の組み立て

容器を洗浄する

ボールペンの継ぎ目を外し、上下に分けます。

ハーバリウムを入れる筒の部分を洗います。

綺麗に洗ったら、ティッシュ等で拭き、しっかりと乾燥させて下さい。

花材の配置を決める

ボールペンを横に並べて、花材の配置を決めていきます。

かすみ草やペッパーベリーなどは小房に分け、紫陽花などの花材は、花びらを取って使います。

筒の部分が狭いので、大きさを確認し、調整しておきましょう。

ボールペンに花材を入れる


下にくるものから順に、ピンセットなどを使って入れていきます。

綺麗に見える花の角度を意識して入れていくといいでしょう。

ドライフラワーは壊れやすいので、優しく扱って下さい。

オイルを注ぐ


オイルをたっぷりと入れ、そのまま少し待ちます。

中の空気が上がってきて気泡が抜けます。

ある程度抜けたことを確認したら、ギュッと中栓を閉め、漏れたオイルを拭き取ります。

ボールペン部分をつけたら完成です。

コツやポイント、手作りキットのすすめ

コツやポイント

  1. 稀にオイル漏れすることがあるようです。

    事前に中栓を開けて、オイル漏れがないか確認しておきましょう。その際、中栓を完全に閉めてしまうと取れなくなるので、気を付けて下さい。

  2. ハーバリウムの容器はしっかりと乾燥させましょう。

    拭き残しは、カビの原因となります。水分が残らないようにしましょう。

  3. 花材は空気を含んでいます。

    事前にオイルに浸しておくと、空気が抜け、気泡ができにくくなります。

    気泡が気になる場合は、花材とオイルを交互に、少しずつ入れていくといいでしょう。気泡が抜けやすいです。

  4. 中のオイルが少ないと、花材も動いてデザインが崩れてしまいます。

    オイルはたっぷりと入れましょう。(オイルは中で膨張するので、気持ち空気を残して下さい)

  5. 気泡を抜くコツは、オイルをたっぷりと注いだ後、中栓を8割程度まで押し込みます。

    オイルが漏れたり、跳ね返りがありますが、ギュッと押し込んでください。中栓を指で押さえながら、中栓と筒の間にピンセットの先を差し込むと気泡が抜けていきます。

手作りキットのすすめ

 初めての方は、全部セットで売っているキットがおすすめです。

お花や、オイルも含まれているので購入してすぐに、作ることができます。

ハンドメイド
Howpon

コメント