色とりどりのスパンコールで作ろう♡レジンアクセサリーの作り方

az az
ハンドメイド

今流行のレジンアクセサリー。

レジンアクセサリーのメリットは、好きなものを好きに配置して固めるだけで、オリジナルアクセサリーが簡単にできてしまう所。

ドライフラワー、パールが入っているものが主流ですが、レジンの透明感が中に入れたものをより引き立たせてくれます。

でも中に入れられるものは、なにもお花やビーズだけではないんです。

今回は、色とりどりのスパンコールで作るレジンアクセサリーの作り方を紹介します。

必要な材料

  • シリコンモールド
  • 今回は、半円型のモールドを使用します。

    シリコンモールドは、ダイソーやセリアなどの100均でも購入できますよ。

  • レジン
  • スパンコールやビーズ
  • 金具
  • ピアス・イヤリング・ヘアゴム・指輪など、お好きなアクセサリーの金具

  • UVライト
  • はさみ
  • やすり

シリコンモールドにレジンを入れる


シリコンモールドの3分の1位までレジンを流し込みます。

気泡が入らないよう、ゆっくりと入れるのがコツです。

気泡ができてしまった場合には、つまようじですくったりして取り除いて下さいね。

スパンコールやビーズを配置する


モールドにスパンコールやビーズなどのパーツを配置していきます。

入れる前に、モールドの横でデザインを考えておくと、必要量が分かりできあがりのイメージもしやすいですよ。

入れる際は、スパンコールの向きに注意し、つまようじで調整しながら入れて下さいね。

UVライトで硬化させる


UVライトで照射していきます。

硬化時間は、ご使用のレジンの説明書きを参考に調節して下さい。

レジンを型のギリギリまで入れて硬化させる


硬化したら、型のギリギリのところまでレジンを注ぎ足します。

この時も気泡ができたら、取り除いておいて下さい。

モールドから溢れてしまった場合は、周りを拭き取っておくと、仕上げが楽になりますよ。

UVライトを当てて硬化します。

硬化したら、型から外しましょう。

外した時に、表面がべたつく場合は、表面からUVライトを当てて下さいね。

金具の取り付け


出来上がった型のバリをハサミで切り、角をやすりがけして、滑らかにします。

レジンでアクセサリーの金具を取り付け、硬化します。

仕上げ


レジンが完全に硬化したら、完成です。

表面に艶出しニスを塗ると、仕上がりが更に綺麗になりますよ。

ハンドメイド
Howpon

コメント